角川文庫

新聞錦絵の世界 高橋克彦迷宮コレクション

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1992年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041704028

角川文庫

新聞錦絵の世界 高橋克彦迷宮コレクション

  • 著者 高橋 克彦
  • カバーデザイン 亀海 昌次
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1992年07月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
192
ISBN:
9784041704028

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「新聞錦絵の世界 高橋克彦迷宮コレクション」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • かなり昔に貸したまま返ってこなくなったこの本を再入手そして久々に再読。そりゃ精神はワイド・ショーや写真週刊誌に引き継がれているかもしれないが禍々しいアートとしての味わいは錦絵ならではのもの。やはり残酷 かなり昔に貸したまま返ってこなくなったこの本を再入手そして久々に再読。そりゃ精神はワイド・ショーや写真週刊誌に引き継がれているかもしれないが禍々しいアートとしての味わいは錦絵ならではのもの。やはり残酷な殺人を扱ったものが見応えがあり、鮮血の毒々しい色彩には陶酔感すらある。また人物の表情、女性を描く筆致に潜むエロティシズムなど実に淫靡。時折、珍妙にしか見えない絵が混じっているのも愛嬌があって良い。高橋克彦による解説文が含蓄があり、的確に仄暗い時代の闇へ案内してくれる。 …続きを読む
    海猫
    2014年09月16日
    48人がナイス!しています
  • 血みどろの猟奇殺人からオカルト、市井の笑える珍事まで、歌川国芳門下の双璧・芳幾と芳年の巧みな筆遣いにより、時に耽美に、時にユーモラスに、明治の時世と風俗が生々しくも迫力たっぷりに描き出される「新聞錦絵 血みどろの猟奇殺人からオカルト、市井の笑える珍事まで、歌川国芳門下の双璧・芳幾と芳年の巧みな筆遣いにより、時に耽美に、時にユーモラスに、明治の時世と風俗が生々しくも迫力たっぷりに描き出される「新聞錦絵」コレクション。浮世絵カルチャーの通俗性の極致でありつつ、文明開化の徒花ともいえる「新聞錦絵」はとても現代的で、浮世絵観が変わること請け合いの面白さであります。残念なのは文章の紹介に半ページしか割り当てがないため省略が目立つこと。ところどころ高橋克彦先生の解説が意味不明なことになってしまっています。星5つ。 …続きを読む
    2014年10月25日
    5人がナイス!しています
  • 自分はすごく好きだけど世間的には価値が低くて信じられないくらい安価で手に入るっていうのは幸せな気分になる。このすばらしさを皆に知ってもらいたいという思いもあるけど、自分の中の価値観を持って収集できるの 自分はすごく好きだけど世間的には価値が低くて信じられないくらい安価で手に入るっていうのは幸せな気分になる。このすばらしさを皆に知ってもらいたいという思いもあるけど、自分の中の価値観を持って収集できるのはやっぱり幸せ。 …続きを読む
    ロシアン
    2011年10月05日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品