日本史の叛逆者 私説・壬申の乱

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1997年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784041662090

日本史の叛逆者 私説・壬申の乱

  • 著者 井沢 元彦
  • イラスト 門坂 流
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1997年12月18日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
592
ISBN:
9784041662090

古代史上最大の争乱といわれる壬申の乱。中大兄皇子と大海人皇子の異父兄弟は、何故それほどまで憎み合わなければならなかったのか。歴史の真相と人間模様を独自の視点で探り、描いた新本格歴史小説。


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日本史の叛逆者 私説・壬申の乱」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★★壬申の乱とはなんであったのかを読み解く、井沢風古代史ロマン。それは、大化の改新から連綿と続く皇室内確執、三韓(任那、新羅、高句麗)に対する日本の援助関係と大国 唐に対する恐怖、またその対策に対 ★★★★壬申の乱とはなんであったのかを読み解く、井沢風古代史ロマン。それは、大化の改新から連綿と続く皇室内確執、三韓(任那、新羅、高句麗)に対する日本の援助関係と大国 唐に対する恐怖、またその対策に対し費用捻出するための政治などを広く絡ませた、あたかも大河ドラマと呼べるスケールである。内容の正誤は別に、読み物として十分に楽しめる作品である。 …続きを読む
    とも
    2017年11月19日
    34人がナイス!しています
  • 「逆説の日本史」で異彩を誇る著者が描く、歴史IF物語「日本史の叛逆者」シリーズの第1弾で、出生に各説がある大海人皇子を主人公に、乙巳の変から白村江の戦い、そして壬申の乱に至る激動の古代史を中大兄皇子と 「逆説の日本史」で異彩を誇る著者が描く、歴史IF物語「日本史の叛逆者」シリーズの第1弾で、出生に各説がある大海人皇子を主人公に、乙巳の変から白村江の戦い、そして壬申の乱に至る激動の古代史を中大兄皇子との確執と政争を中心に描く古代史絵巻。物語は、大海人皇子を皇極天皇が新羅の高向王との間に設けた漢皇子で、天智天皇の異父兄であると云う説を下敷きに、百済と新羅との争いに韓半島を狙う唐の思惑と日本の安全保障が絡んで引き起こされたのが、壬申の乱であったと云う結末だった。真偽はともかく悠久な古代史を堪能できた一冊です。 …続きを読む
    TheWho
    2017年02月22日
    17人がナイス!しています
  • かなり、著者の自説に基づいて描かれているため、定説を支持している人にはめんくらうかもしれない。ただ、それなりの根拠があっての説だから決してぶっとんだファンタジーでないので安心して楽しめる。この兄弟の時 かなり、著者の自説に基づいて描かれているため、定説を支持している人にはめんくらうかもしれない。ただ、それなりの根拠があっての説だから決してぶっとんだファンタジーでないので安心して楽しめる。この兄弟の時代を語るのに唐、新羅、百済、高句麗と日本との関係は外せないが、ともすると説明勝ちでつまらなくなるところがわかりやすかった。でもキャラの魅力はもう一歩、かなぁ。 …続きを読む
    rei
    2014年02月15日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品