日本史の叛逆者 私説・本能寺の変

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2001年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041662120

日本史の叛逆者 私説・本能寺の変

  • 著者 井沢 元彦
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2001年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041662120

本能寺の変、未遂に終わる! 危うく難を逃れた織田信長がその後次々と各大名を下し、戦国日本統一を果たす。「逆説の日本史」の作者が紡ぎ出す、仮想時代小説の傑作!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「日本史の叛逆者 私説・本能寺の変」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「逆説の日本史」で異彩を誇る著者が描く、歴史IF物語「日本史の叛逆者」シリーズの第2弾。本能寺の変で信長が生き延び、その後の歴史を綴った仮想歴史小説。生き延びた信長は、光秀を滅ぼし史実上で秀吉が成し遂 「逆説の日本史」で異彩を誇る著者が描く、歴史IF物語「日本史の叛逆者」シリーズの第2弾。本能寺の変で信長が生き延び、その後の歴史を綴った仮想歴史小説。生き延びた信長は、光秀を滅ぼし史実上で秀吉が成し遂げた天下平定通りに物語は推移する。ただ光秀謀反に懲りた信長は、多少穏健になり北条氏は存続、信長が関白、嫡子信忠の征夷大将軍に就任、そして大阪城は太陽城とされる位で、織豊時代は余り変わり様が無かったと云う結びだった。 仮想物語だが著者の真摯な歴史観で綴られ、織豊時代後に興味が沸き、続編を希望する面白い一冊です。 …続きを読む
    TheWho
    2016年05月27日
    20人がナイス!しています
  • 織田信長が本能寺で死な無かったらという話。フランスみたいな絶対王政になっていたのかな。 織田信長が本能寺で死な無かったらという話。フランスみたいな絶対王政になっていたのかな。
    文章で飯を食う
    2014年08月06日
    3人がナイス!しています
  • 信長が本能寺の変を生き延びたら…というお話。最大の山場は左近が信長の元に辿り着けるか、という点だった気がします。確かにある程度統一はしていたので、その後がアッサリしているのは仕方ないけれどアッサリしす 信長が本能寺の変を生き延びたら…というお話。最大の山場は左近が信長の元に辿り着けるか、という点だった気がします。確かにある程度統一はしていたので、その後がアッサリしているのは仕方ないけれどアッサリしすぎじゃないですかね?次々敵が降伏していき、焦点は知能派が武力派をどう納得させるかという信長にあまり関係ない所での話だった気が…。しかし信長の人(の能力)を見る目&カリスマ性は素晴らしく、信長にしか出来ない事だったんだなぁと思いました。 …続きを読む
    ちばっち
    2015年08月21日
    2人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品