試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1999年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
417
ISBN:
9784041500576

大導寺一族の滅亡 六道ヶ辻

  • 著者 栗本 薫
  • カバーデザイン 安彦 勝博
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1999年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
417
ISBN:
9784041500576

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「大導寺一族の滅亡 六道ヶ辻」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 大正と平成を繋げる艶やかな血染めの縁の糸。名は呪であり血も呪であり、今此処に在る己等は全て、連綿と続いた赤い水筋の最先端に立つ生きた歴史書である。嗚呼神よ、感情と欲望と不平等な運命を与えたる者よ。汝は 大正と平成を繋げる艶やかな血染めの縁の糸。名は呪であり血も呪であり、今此処に在る己等は全て、連綿と続いた赤い水筋の最先端に立つ生きた歴史書である。嗚呼神よ、感情と欲望と不平等な運命を与えたる者よ。汝は人間に斯様な地獄を見せ、人間から何を見つけ出そうと思いこの世を人間で満たしたのだろうか。大導寺家のような名家でなくとも、人の世が続く限りその血はまたその次の子に遺り、熱情に身を焦がし、そうして最期に強く香り立っては溢れ滴り落ち、また何時か何処かで次の血に繋がり交わり、再び無残に散る罪業を何度でも繰り返すのだ。 …続きを読む
    カナン
    2016年08月03日
    52人がナイス!しています
  • 大正ロマンと旧家一族のドロドロした雰囲気。 私はこういうのが大好きなので読む前からワクワクでした。 栗本薫さんの作品は初めて読みましたが、 どこかで聞いた通り、『ヤオイ』?っぽいかんじもありました。 大正ロマンと旧家一族のドロドロした雰囲気。 私はこういうのが大好きなので読む前からワクワクでした。 栗本薫さんの作品は初めて読みましたが、 どこかで聞いた通り、『ヤオイ』?っぽいかんじもありました。 文体があえて少し昔っぽく、慣れなくて読みにくい感じもしたけど雰囲気が出ていて素敵でした。 シリーズ読み進めるのが楽しみ。 あと、最近の小説の表紙はアニメとかみたいな感じのイラスト?が多い気がするのですが、これは作品の雰囲気にあっていて好きです。こういうキャラクターのイラスト?とかじゃない表紙増えればいいなぁ …続きを読む
    Lumi
    2017年11月24日
    14人がナイス!しています
  • 六道ヶ辻シリーズの第一作目。平安時代から連綿と続く”大導寺一族”の興亡を描くお話。現代と大正時代が交互に語られて、それぞれに事件がおこり……。こういう趣向大好きです。そして大正時代のノートは文語調入っ 六道ヶ辻シリーズの第一作目。平安時代から連綿と続く”大導寺一族”の興亡を描くお話。現代と大正時代が交互に語られて、それぞれに事件がおこり……。こういう趣向大好きです。そして大正時代のノートは文語調入っていて、流麗でほんと文章にも堪能致しました!殺人事件の犯人あてよりも、”響太郎”の目を通してのあの時代の(勿論栗本氏の創作だとはわかっていますが)息吹や彩りに圧倒されページを捲る手が止まりませんでした。そして雪彦の心情があまりに切なくて涙いたしました。 …続きを読む
    kagetrasama-aoi(葵・橘)
    2017年04月05日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品