悪魔の寵児 金田一耕助ファイル15

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1974年03月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041304129

悪魔の寵児 金田一耕助ファイル15

  • 著者 横溝 正史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1974年03月01日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
400
ISBN:
9784041304129

胸をはだけ乳房をむき出し折り重なって発見された男女。既に女は息たえ白い肌には無気味な死斑が……情死を暗示する奇妙な挨拶状を遺して死んだ美しい人妻。これは不倫の恋の清算なのか?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「悪魔の寵児 金田一耕助ファイル15」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ★★★☆☆ 金田一シリーズ(残虐編)の一つ。 「雨男」なる殺人鬼が次々と美女を犯し、殺害する事件に金田一が挑む。『幽霊男』よりはマシだが、本作でもあえなく犠牲者を続出させる金田一先生。そもそも警察が ★★★☆☆ 金田一シリーズ(残虐編)の一つ。 「雨男」なる殺人鬼が次々と美女を犯し、殺害する事件に金田一が挑む。『幽霊男』よりはマシだが、本作でもあえなく犠牲者を続出させる金田一先生。そもそも警察が無能すぎる気が…(-。-; 及川澄子という欣吾の過去の女が関わっていると明かされた時点で犯人たちか誰かは分かる。しかし精液から検出された血液型がネックとなり、最後まで確信は持てなかった。説明を聞いて納得。 5枚目の挨拶状の謎も含めて鮮やかな解説は心地よく、ご都合主義な展開も許せてしまう。 …続きを読む
    Kircheis
    2020年12月23日
    206人がナイス!しています
  • 金田一シリーズで田舎ものが好き、というのは変わらないが、悪魔が来りて笛を吹くと本書は都会的エログロ長編の中ではかなり好き。 まず犯人には120%騙された。まさかあの人が犯人とは!全く疑っていなかった。 金田一シリーズで田舎ものが好き、というのは変わらないが、悪魔が来りて笛を吹くと本書は都会的エログロ長編の中ではかなり好き。 まず犯人には120%騙された。まさかあの人が犯人とは!全く疑っていなかった。最近のミステリでは結構犯人が途中で分かってしまうが、金田一シリーズは今のところ全部きれいに騙されていてとっても爽快。 金田一先生の存在が薄くて、どちらかというと新聞記者三太くんの冒険譚といった印象。 殺され方の無残さ、犯人の冷酷さもさることながら、被害者風間氏の冷静さも恐ろしい。 大変面白く読みました。 …続きを読む
    ちなぽむ and ぽむの助 @ 休止中
    2018年07月26日
    143人がナイス!しています
  • 金田一耕助シリーズ第20弾〔再読〕都会バージョンの乱歩風スリラーパターン。横溝先生は、ミステリ誌で地方の慣習などをモチーフにした本格ものを、大衆紙で本作の様な風俗ものをと作風を書き分けています。物語は 金田一耕助シリーズ第20弾〔再読〕都会バージョンの乱歩風スリラーパターン。横溝先生は、ミステリ誌で地方の慣習などをモチーフにした本格ものを、大衆紙で本作の様な風俗ものをと作風を書き分けています。物語は、雨の日に現れる謎の男、雨男が引き起こす連続殺人事件。しかし遺体は、剰りにも無惨であり、これでもかというよう陰湿な装飾が施されていた。こうした遺体を冒涜した犯行が印象強いが、テンポよくスリリングな展開は読みやすい。犯人、犯行の謎が明かされた時タイトルの意味が解るのだが、その意味深さに思わず背中が冷たくなる。 …続きを読む
    セウテス
    2017年10月09日
    83人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品