トピックス

KADOKAWA翻訳書8月の新刊は、名作シリーズ第8巻『ドリトル先生の月旅行』、Netflixで映像化決定の『パワー・オブ・ザ・ドッグ』、世界的反響を呼んだ話題作『前世を記憶する子どもたち』の3作!



株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:夏野 剛)は、2021年8月24日に、角川文庫の海外翻訳書 『ドリトル先生の月旅行』、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』、『前世を記憶する子どもたち』の3作品を発売しました。


◆『ドリトル先生の月旅行』(8月24日発売)




著:ヒュー・ロフティング
訳:河合祥一郎
絵:ももろ
発売:2021年8月24日  ※電子書籍同日配信
定価:660円(税込¥726)
判型:文庫判
頁数:208ページ
ISBN:978-4-04-111105-5
詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322010000746/

あの不朽の名作シリーズ、第8巻。
はじめての方も、おかえりなさいの方も。ドリトル先生との旅へ、一緒に出かけましょう!
――声優・斉藤壮馬さん推薦!

何者かに呼ばれ、ついに月までやってきたドリトル先生は、オウムのポリネシア、サルのチーチー、トミー少年と調査に乗り出す。行く先々で出会うのは、とんでもなく大きな動植物たち――巨大カブト虫や、巨大コウノトリ、そして不気味な巨人の足跡。みんな、なぜかこそこそ隠れてこちらを見張っている。先生を呼んだのはいったい誰? やがて、先生たちまで巨大化して……!?絶体絶命×史上最大のピンチが訪れる、名作新訳シリーズ第8巻!


◆『パワー・オブ・ザ・ドッグ』 (8月24日発売)



著::トーマス・サヴェージ
訳:波多野理彩子
発売:2021年8月24日
定価:880円(税込¥968)
判型:文庫判
頁数:352ページ
ISBN:978-4-04-109655-0
詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322003000244/

「『エデンの東』や『ブロークバック・マウンテン』を髣髴とさせる」(ガーディアン紙)、「時と場を完璧に再現し思い起こさせる」(ボストン・グローブ紙)と各紙誌で絶賛。ベネディクト・カンバーバッチ、キルスティン・ダンスト主演でNetflixでの映像化が決定。

1920年代、モンタナ州。快活で賢い兄フィルと、地味な弟ジョージは、牧場を共同経営する裕福な兄弟だ。ジョージの前に不幸な初婚を経たローズが現れ、二人が結婚したことで、家族に亀裂が入ってゆく。露わになる本心、剥き出しになる人間の弱さ、立ちはだかる西部の論理。そして物語は、衝撃の結末を迎える!
美しい大自然のなか、アメリカ社会のタブー、飲酒・人種差別・同性愛に斬り込み、世界の絶賛を得た幻の名作、本邦初訳!


◆『前世を記憶する子どもたち』 (8月24日発売)




著::イアン・スティーヴンソン
訳:笠原 敏雄
発売:2021年8月24日  ※電子書籍同日配信
定価:1480円(税込¥1628)
判型:文庫判
頁数:608ページ
ISBN:978-4-04-111417-9
詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/322102000109/

「生まれ変わり」は存在する――。世界各地から寄せられた2000例を、精神科教授の著者が徹底調査。世界的大反響を巻き起こした、第一級の検証報告。

別人の記憶を話す子、初めて会う人を見分ける子、教わらずに機械を修理できる子……。彼らは本当に、前世の記憶を持って生まれてきたのか?世界中から寄せられた2000を超す「前世を記憶する子ども」の事例を科学的に調査・解説。超常的な謎に取り組み、世界的大反響を巻き起こした第一級の検証報告書。