パワー・オブ・ザ・ドッグ

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041096550

パワー・オブ・ザ・ドッグ

  • 著者 トーマス・サヴェージ
  • 訳者 波多野 理彩子
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年08月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
352
ISBN:
9784041096550

ベネディクト・カンバーバッチ主演映像化作。ラスト4行に驚愕!

「『エデンの東』や『ブロークバック・マウンテン』を髣髴とさせる」(ガーディアン紙) 、「時と場を完璧に再現し思い起こさせる」(ボストン・グローブ紙)と各紙誌で絶賛。
ジェーン・カンピオン監督、ベネディクト・カンバーバッチ、キルスティン・ダンスト主演でNetflixでの映像化が決定。

1920年代、モンタナ州。快活で賢い兄フィルと地味な弟ジョージは牧場を共同経営する裕福な兄弟だ。ジョージの前に不幸な初婚を経たローズが現れ、二人が結婚したことで、家族に亀裂が入ってゆく。露わになる本心、剥き出しになる人間の弱さ、立ちはだかる西部の論理。そして物語は、衝撃の結末を迎える!美しい大自然のなか、アメリカ社会のタブー、飲酒・人種差別・同性愛に斬り込み、世界の絶賛を得た幻の名作、本邦初訳!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「パワー・オブ・ザ・ドッグ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • モンタナ州で広大な牧場を営むフィルとジョージのバーバンク兄弟は、二歳違いで仲良く牧場を切り盛りしていた。フィルは体中に傷がある生粋のカウボーイだが頭脳明晰で、音楽や美術の才もあるという一種の天才だ。弟 モンタナ州で広大な牧場を営むフィルとジョージのバーバンク兄弟は、二歳違いで仲良く牧場を切り盛りしていた。フィルは体中に傷がある生粋のカウボーイだが頭脳明晰で、音楽や美術の才もあるという一種の天才だ。弟ジョージは優しい性格だが成績不良で大学を退学。いい歳をした二人が独身であることに思う所のある人達はいたものの、独善的なフィルに物言える人はいなかった。そんな時ジョージが地元の未亡人ローズと出会い結婚。フィルはローズとその息子ピーターが気に入らず、執拗に攻撃を仕掛けてゆくのだが。 …続きを読む
    星落秋風五丈原
    2021年09月26日
    41人がナイス!しています
  • 1920年代のモンタナ州、牧場を経営するフィルとジョージの兄弟を軸に描かれる物語。皆から慕われ頼られる存在の兄フィルに対し、どこか愚鈍な様子さえ伺える弟のジョージが、ローズという未亡人と巡りあった事で 1920年代のモンタナ州、牧場を経営するフィルとジョージの兄弟を軸に描かれる物語。皆から慕われ頼られる存在の兄フィルに対し、どこか愚鈍な様子さえ伺える弟のジョージが、ローズという未亡人と巡りあった事で兄弟の仲にヒビが入っていくのですが、フィルはジョージを奪ったローズとその息子ピーターに対して執拗に冷徹な仕打ちを。その本心は牧場の男としての強さの裏に隠してきたものの現れとして発露されているのですが、それは緊張感、緊迫感を高めつつ、やがて思いも寄らぬ形でフィルに返っていく展開に思わず体が震えるものが…! …続きを読む
    しゃお
    2021年10月02日
    37人がナイス!しています
  • モンタナ州の1920年代の牧場経営の兄弟ふたりの話。有能で底意地が悪く苦労人には公正なつもりでいる兄も恐ろしく際立った人間であるが、優しくて言うべき事は最低言える勇気はあるが鈍感で何も見てない弟、その モンタナ州の1920年代の牧場経営の兄弟ふたりの話。有能で底意地が悪く苦労人には公正なつもりでいる兄も恐ろしく際立った人間であるが、優しくて言うべき事は最低言える勇気はあるが鈍感で何も見てない弟、その弟と結婚する優しいが自分に冷たい兄にビクビク怯える妻(何もそこまで怯えなくともと思った)、そして寡黙で何を考えているか誰にもわからないが何もかも見てとる妻の連れ子の息子。登場人物はほぼこの4人だが、サイコな兄と怯える弟の妻とでピリピリとした緊張を孕んだ作品。いやもうドキドキしたよ。 …続きを読む
    キクチカ いいわけなんぞ、ござんせん
    2021年09月24日
    35人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品