トピックス

ついに、Anotherが来た! 大人気学園ホラー&ミステリ 綾辻行人『Another 2001』本日発売!!

綾辻行人インタビュー記事&メッセージ動画も公開!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、ミステリー作家・綾辻行人氏の7年ぶりの長編新作 『Another 2001』 を9月30日(水)に刊行致しました。本作は、大人気学園ホラー&ミステリ「Another」シリーズ( https://kadobun.jp/special/another/ )最新刊となります。






「主人公の少年・想に、自分がシンクロしてしまったような」
綾辻行人『Another 2001』インタビュー
https://kadobun.jp/feature/interview/3rt1s0qwsrgg.html






<綾辻行人氏による動画メッセージも公開中!

[動画1: https://www.youtube.com/watch?v=KWoqLNTycQ8 ]

「綾辻行人の書斎から02 『Another 2001』本日発売」
[動画2: https://www.youtube.com/watch?v=apj-8jJGerk ]

「綾辻行人の書斎から03 『Another 2001』読みどころ01」


ほか、特設サイト https://kadobun.jp/special/another/ および「角川書店ブックチャンネル」https://www.youtube.com/user/arasujich/videos にて動画順次公開中!


大人気学園ホラー&ミステリ「Another」シリーズ最新刊『Another 2001』とは?


始まってしまった。
そんなはずは、なかった…のに、
どうして。




今年の〈もう一人〉は、誰――?
多くの犠牲者が出た1998年度の〈災厄〉から3年。春から夜見北中三年三組の一員となる生徒たちの中には、3年前の夏、見崎鳴と出会った少年・想の姿があった。〈死者〉がクラスにまぎれこむ〈現象〉に備えて、今年は特別な〈対策〉を講じる想たちだったが、ある出来事をきっかけに歯車が狂いはじめ、ついに惨劇の幕が開く! 相次ぐ理不尽な“死”の恐怖、そして深まりゆく謎。〈夜見山現象〉史上最凶の〈災厄〉に、想と鳴はどう立ち向かうのか――!?

止まらない恐怖、深まる謎……
「考えて。――そして、思い出して。」

【書誌情報】
『Another 2001』
著者:綾辻行人
発売:2020年9月30日(水)※電子書籍同日配信
定価: 2,640円(本体2,400円+税)
頁数:804頁
体裁:四六判上製
装画:遠田志帆
装丁:鈴木久美
発行:株式会社KADOKAWA
ISBN:978-4-04-109203-3
詳細ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/321911000247/


ほぼ10分でわかる!「Another」シリーズ超入門/朝宮運河
https://kadobun.jp/feature/readings/3xozft8pk2o0.html






【「Another」シリーズ 公式サイト】 https://kadobun.jp/special/another/
※公式サイトでは、綾辻行人氏によるコメント、メッセージ動画、作品世界解説「『Another 2001』を読み解くキーワード」なども公開中です。



角川文庫「Another」シリーズ 好評既刊






■書誌情報
『Another』(上)
著者:綾辻行人
定価:748円(本体680円+税)
頁数:416頁
判型:文庫判
発行:株式会社KADOKAWA
ISBN:978-4-04-100001-4
書誌ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/201106000725/





■書誌情報
『Another』(下)
著者:綾辻行人
定価:748円(本体680円+税)
頁数:384頁
判型:文庫判
発行:株式会社KADOKAWA
ISBN:978-4-04-100000-7
書誌ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/201106000724/


夜見山北中学三年三組に転校してきた榊原恒一は、何かに怯えているようなクラスの雰囲気に違和感を覚える。同級生で不思議な存在感を放つ美少女ミサキ・メイに惹かれ、接触を試みる恒一だが、謎は深まるばかり。そんな中、クラス委員長が凄惨な死を遂げた!




■書誌情報
『Another エピソードS』
著者:綾辻行人
定価: 704円(本体640円+税)
頁数:336頁
判型:文庫判
発行:株式会社KADOKAWA
ISBN:978-4-04-104127-7
書誌ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/321512000081/


1998年、夏休み。かつて〈現象〉を経験した青年に会うため〈湖畔の屋敷〉を訪れた見崎鳴が遭遇したのは、三カ月前に謎の死を遂げた青年の幽霊、だった。行方の分からない自分の死体を探す幽霊と鳴の、謎めいた冒険の結末は――!?


『Another 2001』著者・綾辻行人とは?






【著者紹介】綾辻行人(あやつじ・ゆきと)
1960年京都市生まれ。京都大学教育学部卒業、同大学院博士後期課程修了。87年、大学院在学中に『十角館の殺人』でデビュー、新本格ミステリ・ムーヴメントの契機となる。92年、『時計館の殺人』で第45回日本推理作家協会賞を受賞。2009年発表の『Another』は本格ミステリとホラーを融合した傑作として絶賛を浴び、TVアニメーション、実写映画のW映像化も好評を博した。他に『Another エピソードS』『霧越邸殺人事件』『深泥丘奇談』など著書多数。18年度、第22回日本ミステリー文学大賞を受賞。
Twitter:@ayatsujiyukito
https://twitter.com/ayatsujiyukito?s=20