トピックス

有川ひろ氏の魅力がつまったエッセイ集第2弾!『倒れるときは前のめり ふたたび』10月31日発売!書き下ろし小説2編も収録。




株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)は、『図書館戦争』『旅猫リポート』などの人気作家、有川ひろ氏のエッセイ集第2弾『倒れるときは前のめり ふたたび』(https://www.kadokawa.co.jp/product/321905000417/)を10月31日(木)いたしました。

「有川浩」改め「有川ひろ」のエッセイ集“ふたたび”!
本作には、ペンネーム変更にもつながった日々の出会いへの感謝、
書き継いだ「コロボックル」ほか愛する本たちへの想い、ネット時代の言葉について、
神戸の「ツリー」に思うことなど各紙誌に寄稿されたエッセイ等より41 本を選出。
当時を振り返るコメントもそれぞれに書き下ろしていただきました。

さらに、『県庁おもてなし課』のサイドストーリーとなる中編「サマーフェスタ」と、
『倒れるときは前のめり』に収録の「彼の本棚」と対になる、
本をめぐる恋を描いた書き下ろし掌編「彼女の本棚」も特別に収録いたしました。

本作のカバーと書籍内のイラストには、有川氏の出身地・高知県で「土佐手拭い」などのグッズを展開されている、『土佐旅福(とさたびふく)』(http://waravino.theshop.jp/)の「土佐の美味しい川さかな」の図案をお借りしました。

※一部のカバーで印刷工程上で発生した汚れがあることが10月30日時点で確認されました。
大変申し訳ございません。詳細は下記をご覧ください。
https://kadobun.jp/news/info/bs0ecuz7u7sw.html



新刊『倒れるときは前のめり ふたたび』について


[表: https://prtimes.jp/data/corp/7006/table/6424_1.jpg ]



◆書誌情報
発売:2019年10月31日(木)
定価:本体1,400円+税 
頁数:336頁
体裁: 四六判並製
装丁:カマベヨシヒコ
図案協力:土佐旅福
ISBN:9784041086353
発行:株式会社KADOKAWA



有川ひろ氏初のエッセイ集待望の文庫化!





日々の生きるつれづれ、創作の裏側、大好きな本や映画、敬愛する人びと、ふるさと高知のことなど、デビュー書籍刊行前から現在までに綴った90本超に、それぞれ振り返りのコメントを書き下ろし(単行本刊行時)。
現在入手困難な「ほっと文庫」に収録された短編「ゆず、香る」と、片想いがテーマの恋愛掌編「彼の本棚」の、小説2編も特別収録。
「文庫版のためのあとがき」を書き下ろし。当代一の人気作家のエッセンスがここに!
★情報ページ:https://www.kadokawa.co.jp/product/321812000066/

◆書誌情報
発売:2019年09月21日(土)電子書籍も配信中
定価:本体680円+税
体裁:文庫判
頁数:368
装丁:カマベヨシヒコ
図案協力:土佐旅福
レーベル名:角川文庫
ISBN:9784041080320
発行:株式会社KADOKAWA


著者紹介  

有川ひろ (ありかわ ひろ)
高知県生まれ。第10回電撃小説大賞『塩の街 wish on my precious』で2004年デビュー。2作目の『空の中』が読書界諸氏より絶賛を浴び、『図書館戦争』シリーズで大ブレイク。その後、『植物図鑑』『キケン』『県庁おもてなし課』『旅猫リポート』で、4年連続ブクログ大賞を受賞。他著作に『フリーター、家を買う。』『三匹のおっさん』『阪急電車』『ラブコメ今昔』『海の底』『ストーリー・セラー』『ヒア・カムズ・ザ・サン』『空飛ぶ広報室』『明日の子供たち』『キャロリング』『だれもが知ってる小さな国』『アンマーとぼくら』などがある。2019年、「有川浩」から「有川ひろ」に改名。