転生したら乙女ゲーの世界? いえ、魔術を極めるのに忙しいのでそういうのは結構です。(8)

転生したら乙女ゲーの世界? いえ、魔術を極めるのに忙しいのでそういうのは結構です。(8)

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年05月02日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
164
ISBN:
9784046836175
label

転生したら乙女ゲーの世界? いえ、魔術を極めるのに忙しいのでそういうのは結構です。(8)

  • 漫画 坂巻 あきむ
  • 原作 櫻井 三丸
  • キャラクター原案 ミュシャ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年05月02日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
164
ISBN:
9784046836175

アラサーオタクの転生令嬢魔法譚、堂々結末!?

波乱の天体観測イベントを乗り越え、絆が深まったアリスとアベル。ある日、ガルシア先生やフィアナ先生、そしてレイ先生が、金色の夜明け団の顧問になりたいとアリスたちの元を訪れる。団のメンバーになるには何か秘密を打ち明ける必要があり、レイ先生は女装をしていた理由や自分の正体をアリスに告げる。その後、アリスはレイ先生を連れ廃塔のアベルを訪れ、二人を引き合わせる。しかし、アベルの名前を聞いた途端にレイ先生の表情が一変、アベルからアリスを引き離そうとする。レイ先生はアベルの何を知っているのか――。一方、アリスの親友レティシアは家族の問題で悩みを抱えていた。そんな彼女を救うべく、大教会に忍び込むことになったアリスたち。目的を達成したかに見えたその時、アリスに魔の手が忍び寄り……。 波乱の天体観測イベントを乗り越え、絆が深まったアリスとアベル。ある日、ガルシア先生やフィアナ先生、そしてレイ先生が、金色の夜明け団の顧問になりたいとアリスたちの元を訪れる。団のメンバーになるには何か秘密を打ち明ける必要があり、レイ先生は女装をしていた理由や自分の正体をアリスに告げる。その後、アリスはレイ先生を連れ廃塔のアベルを訪れ、二人を引き合わせる。しかし、アベルの名前を聞いた途端にレイ先生の表情が一変、アベルからアリスを引き離そうとする。レイ先生はアベルの何を知っているのか――。一方、アリスの親友レティシアは家族の問題で悩みを抱えていた。そんな彼女を救うべく、大教会に忍び込むことになったアリスたち。目的を達成したかに見えたその時、アリスに魔の手が忍び寄り……。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「転生したら乙女ゲーの世界? いえ、魔術を極めるのに忙しいのでそういうのは結構です。(8)」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 転生ファンタジーらしく、策謀あり活劇ありロマンスあり、とにかくてんこ盛りな最終巻。てんこ盛りすぎて広げた風呂敷をたたみ切れていない感じがないでもないですが。すっかりデレたアベルとアリスのやり取りがロマ 転生ファンタジーらしく、策謀あり活劇ありロマンスあり、とにかくてんこ盛りな最終巻。てんこ盛りすぎて広げた風呂敷をたたみ切れていない感じがないでもないですが。すっかりデレたアベルとアリスのやり取りがロマンス的には一番の見どころでしょうが、個人的にはいろいろと不憫すぎるレイ先生が一番の見どころ。華のあるかわいらしいヴィジュアルにファンタジー世界を冒険する楽しさがぎゅぎゅっと詰め込まれていて、最後までたっぷり楽しめました。★★★★☆ …続きを読む
    びぜんや
    2024年05月26日
    0人がナイス!しています
  • おれたたエンド。ストーリーとしてはつまらない終わり方をしたなーという印象。ガブリエラの前世の人が毒親家庭から救われないまま...ってのも残念要素。 レイ先生も察しの悪い妹をろくに調べず心の整理をつけてると おれたたエンド。ストーリーとしてはつまらない終わり方をしたなーという印象。ガブリエラの前世の人が毒親家庭から救われないまま...ってのも残念要素。 レイ先生も察しの悪い妹をろくに調べず心の整理をつけてるところは、むしろアリスが「全容を理解してるはずのガブリエラ」という虚像を伝えててミスリード誘発してるし、アフターフォローもなく、ガブリエラは何処かへ...総じてケモミミショタとロリがキャッキャする裏でアラサーロリ(?)がイケメンと隠れてイチャイチャするという日常だけが残った。 …続きを読む
    elu_jaune
    2024年05月08日
    0人がナイス!しています
  • 最終巻。 残念ながら、なにも決着を迎えないまま終わってしまったなと言う印象。 二人の王子についても、ヒロインについても、特になにもなく… 主人公と魔法使いが最後ちょっとだけいちゃっとして終わり。 七巻まで 最終巻。 残念ながら、なにも決着を迎えないまま終わってしまったなと言う印象。 二人の王子についても、ヒロインについても、特になにもなく… 主人公と魔法使いが最後ちょっとだけいちゃっとして終わり。 七巻まで楽しかっただけに、なんでこんな終わり方!?って感じでした。 …続きを読む
    もも
    2024年05月07日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品