この恋、おくちにあいますか? ~優等生の白姫さんは問題児の俺と毎日キスしてる~

この恋、おくちにあいますか? ~優等生の白姫さんは問題児の俺と毎日キスしてる~

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784046831521
label

この恋、おくちにあいますか? ~優等生の白姫さんは問題児の俺と毎日キスしてる~

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年12月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
296
ISBN:
9784046831521

完璧で優等生な彼女と自由で問題児な俺の最強凸凹青春ラブコメ!

どいつもこいつも、俺のことなんてわかろうともしねえ――
学校一の問題児こと俺・君波透衣(きみなみとうい)には将来の夢がある。
そのためなら俺以外のことはどうでもよかった。
だけどある日、親父が強引に組んだ婚約者との顔合わせで事態は一変する。

彼女の名は白姫(しらひめ)リラ――学校一の美少女で優等生、おまけに社長令嬢で現役モデルの通称「S姫」。
何もかも俺と正反対の彼女は外面と大違いの本性で俺の夢の前に立ちはだかり、さらに毎日キスすることで脅され、俺の更生にまで乗り出してきやがった。

ヤバイ、早くこいつをなんとかしなきゃ俺の将来が……でも一見無敵の白姫にも、完璧でなきゃいけない事情があるみたいで――?
どいつもこいつも、俺のことなんてわかろうともしねえ――
学校一の問題児こと俺・君波透衣(きみなみとうい)には将来の夢がある。
そのためなら俺以外のことはどうでもよかった。
だけどある日、親父が強引に組んだ婚約者との顔合わせで事態は一変する。

彼女の名は白姫(しらひめ)リラ――学校一の美少女で優等生、おまけに社長令嬢で現役モデルの通称「S姫」。
何もかも俺と正反対の彼女は外面と大違いの本性で俺の夢の前に立ちはだかり、さらに毎日キスすることで脅され、俺の更生にまで乗り出してきやがった。

ヤバイ、早くこいつをなんとかしなきゃ俺の将来が……でも一見無敵の白姫にも、完璧でなきゃいけない事情があるみたいで――?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「この恋、おくちにあいますか? ~優等生の白姫さんは問題児の俺と毎日キスしてる~」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 自らの将来の夢にこだわるあまり、それ以外はどうでもいい学校一の問題児・君波透衣。しかし父親に強引に引き合わされた同級生の婚約者・白姫リラと出会ったことで事態が一変する青春小説。何もかもが正反対で、外面 自らの将来の夢にこだわるあまり、それ以外はどうでもいい学校一の問題児・君波透衣。しかし父親に強引に引き合わされた同級生の婚約者・白姫リラと出会ったことで事態が一変する青春小説。何もかもが正反対で、外面と大違いの本性で透衣の夢の前に立ちはだかり、彼の更生に乗り出したリラ。下僕扱いで奉仕活動に参加させられる状況にげんなりする一方で、彼女の不器用な一面を知ってゆく透衣にも心境の変化があって、普段のギャップゆえに周囲にも誤解される関係性でしたけど、すれ違いを乗り越えてみせた彼らのこれからが楽しみで仕方ありません。 …続きを読む
    よっち
    2023年12月23日
    26人がナイス!しています
  • 冒頭の主人公の面倒くさい奴感満載なのは、ちょっときつかったですが、後から出てくるヒロインリラのストーカー達がもっと糞過ぎて何だこいつら?と。素手相手に木刀で決闘挑んでくる奴とか正気なのか?と。もう一人 冒頭の主人公の面倒くさい奴感満載なのは、ちょっときつかったですが、後から出てくるヒロインリラのストーカー達がもっと糞過ぎて何だこいつら?と。素手相手に木刀で決闘挑んでくる奴とか正気なのか?と。もう一人も病人レベルのストーカーでしたし中々理解不能な思考な人が多かったです。因縁の人もヒロインの母親なんだろうなーというあからさま過ぎた伏線が残されていたので続きあるならそちら関係ですかね …続きを読む
    しぇん
    2024年02月02日
    24人がナイス!しています
  • 読みやすいリズムのラブコメで面白かったです。不良とされる主人公と優等生ヒロインの関係性、ヒロインからキスの描写の甘さ、物語の締め方など、ラブコメ好きなら読んで損はないと思いました。 少しだけ気になった 読みやすいリズムのラブコメで面白かったです。不良とされる主人公と優等生ヒロインの関係性、ヒロインからキスの描写の甘さ、物語の締め方など、ラブコメ好きなら読んで損はないと思いました。 少しだけ気になったポイントをあげると、最初の父親の微妙な態度と途中の敵役が、主役の二人と準ヒロインに対して少し人というより舞台装置っぽく感じられてしまって没入が解けてしまったところ。 でもこれはきっと僕の感覚の問題ですね。 ひとまず次作品を楽しみに待ちたいと思います! …続きを読む
    和尚
    2024年01月01日
    20人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品