大江戸ぱん屋事始

大江戸ぱん屋事始

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年03月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041143810
label

大江戸ぱん屋事始

  • 著者 大平 しおり
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年03月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041143810

「ぱん」が江戸の町に旋風を起こす!?

長年仕えていた油屋をいわれのない疑いによって去ることになった喜助。失意のうちにいたが、自身の経験から“米に代わる常食”を作って商うことを思いつく。そんな折、見聞を広めるために訪れた長崎で出会った「ぱん」。これこそ米の代替食になると感じた喜助は、帰府してすぐに同じものを作ろうとする。しかしどうしても「ふわふわ」にならない……。果たして江戸で「ぱん」は焼けたのか。前代未聞、江戸の「ぱん屋」開店記! 長年仕えていた油屋をいわれのない疑いによって去ることになった喜助。失意のうちにいたが、自身の経験から“米に代わる常食”を作って商うことを思いつく。そんな折、見聞を広めるために訪れた長崎で出会った「ぱん」。これこそ米の代替食になると感じた喜助は、帰府してすぐに同じものを作ろうとする。しかしどうしても「ふわふわ」にならない……。果たして江戸で「ぱん」は焼けたのか。前代未聞、江戸の「ぱん屋」開店記!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目 次

第一章 花と揚げ菓子
第二章 長崎の邂逅
第三章 大江戸商い事始
第四章 ふわふわはいずこ
第五章 光 明

「大江戸ぱん屋事始」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • いわれのない疑いをかけられ奉公先を辞めることになった喜助。ひょんなことから長崎へ出向くことになり、そこで出会った「ぱん」に感動。なんとか自分の手で作ろうと奮闘する物語。江戸の風情もたっぷり感じながらの いわれのない疑いをかけられ奉公先を辞めることになった喜助。ひょんなことから長崎へ出向くことになり、そこで出会った「ぱん」に感動。なんとか自分の手で作ろうと奮闘する物語。江戸の風情もたっぷり感じながらの読書タイム。新しいものを作り出す勇気と努力、喜助の誠実で飾らない人柄に読んでて応援したくなる。喜助を支えるまわりの人たちの人情も温か。読後感爽やかな一冊でした。 …続きを読む
    シナモン
    2024年04月02日
    94人がナイス!しています
  • ★★★★★ ★★★★★
    HONEY
    2024年03月26日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品