アラベスク後宮の和国姫2

アラベスク後宮の和国姫2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784040752143
label

アラベスク後宮の和国姫2

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月13日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784040752143

伝説の妃・ライラーは皇帝の寵姫……じゃなくて腹心として活躍します!?

◆――1巻が発売即重版の注目新シリーズ!――◆
 寵姫として持て囃されたり、はたまた教養のない妃候補たちに舐められたり。
 コネと派閥だらけの後宮に辟易したライラ―は気づく。有能な妃を育てれば、注目も減り、この面倒な状況も覆るのでは!? そこで後宮改革を決意。女たちを教育して導き、人材を登用していく。しかしその結果、後宮(ハレム)内にライラーの派閥が浸透して……意図せずさらに立場を固めることに!
 一方、反抗的な軍部を掌握すべく、ついに皇帝(スルタン)・アスィールも動き出す。ライラーは軍部との"ある賭"で、いちかばちか皇帝の味方を増やす秘策を思いつくが――?
 新たな大河ロマン、待望の第二巻!

◆――登場人物紹介――◆

ライラー……元は和国の姫君。聡明で明るく、領民に慕われていた。謀略で捕われてしまい、ダリル帝国の後宮(ハレム)に入れられたが……?

アスィール……若きダリル帝国皇帝。後世には、斜陽にあった帝国を見事な手腕で復活させたと語られる名君。ある出来事からライラーを気に入り――?

母后……現・ダリル帝国皇帝の母。非情で冷酷な一面ももつ女性。一方で、あるライラーの行動から、彼女になにかを期待し、注目している様子も。

デュッリー……後宮でライラーの側付きとなった少女。素直な性格で、はっきりものを言い、強かな一面ももつ。

ヤーサミーナ……皇帝にはべるのを許された愛妾。高慢で贅沢が好き。次の母后の立場を狙い、ライラーを敵視している。

カマール……奴隷商人として、ライラーを故郷から帝国へ連れ去った男。しかし、実は彼の正体は……?
◆――1巻が発売即重版の注目新シリーズ!――◆
 寵姫として持て囃されたり、はたまた教養のない妃候補たちに舐められたり。
 コネと派閥だらけの後宮に辟易したライラ―は気づく。有能な妃を育てれば、注目も減り、この面倒な状況も覆るのでは!? そこで後宮改革を決意。女たちを教育して導き、人材を登用していく。しかしその結果、後宮(ハレム)内にライラーの派閥が浸透して……意図せずさらに立場を固めることに!
 一方、反抗的な軍部を掌握すべく、ついに皇帝(スルタン)・アスィールも動き出す。ライラーは軍部との"ある賭"で、いちかばちか皇帝の味方を増やす秘策を思いつくが――?
 新たな大河ロマン、待望の第二巻!

◆――登場人物紹介――◆

ライラー……元は和国の姫君。聡明で明るく、領民に慕われていた。謀略で捕われてしまい、ダリル帝国の後宮(ハレム)に入れられたが……?

アスィール……若きダリル帝国皇帝。後世には、斜陽にあった帝国を見事な手腕で復活させたと語られる名君。ある出来事からライラーを気に入り――?

母后……現・ダリル帝国皇帝の母。非情で冷酷な一面ももつ女性。一方で、あるライラーの行動から、彼女になにかを期待し、注目している様子も。

デュッリー……後宮でライラーの側付きとなった少女。素直な性格で、はっきりものを言い、強かな一面ももつ。

ヤーサミーナ……皇帝にはべるのを許された愛妾。高慢で贅沢が好き。次の母后の立場を狙い、ライラーを敵視している。

カマール……奴隷商人として、ライラーを故郷から帝国へ連れ去った男。しかし、実は彼の正体は……?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

―― 序章

―― 一章 和の国の姫君、行動を開始する

―― 二章 和の国の姫君、女同士の戦をする

―― 閑話 元イクバルは逃げ出したい

―― 三章 和の国の姫君、発破をかける

―― 四章 和の国の姫君、すべてを整える

―― 五章 和の国の姫君、小姓になる

―― 六章 和の国の姫君、腕力ですべてを解決する

―― 閑話 新米皇帝の胸のうち

―― 七章 和の国の姫君、伝説の始まりを予感する

―― 終章

同じシリーズの作品

「アラベスク後宮の和国姫2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『伝説の妃・ライラーは皇帝の寵姫……じゃなくて腹心として活躍します!?』コネと派閥だらけの後宮の改革を決意したライラー。結果、後宮内に彼女の派閥が浸透して、意図せず立場を固めることに。一方、軍部を掌握すべ 『伝説の妃・ライラーは皇帝の寵姫……じゃなくて腹心として活躍します!?』コネと派閥だらけの後宮の改革を決意したライラー。結果、後宮内に彼女の派閥が浸透して、意図せず立場を固めることに。一方、軍部を掌握すべく皇帝(スルタン)・アスィールも動き出す。ライラーは皇帝の味方を増やす秘策を思いつき…。スルタンの妻を迎えるべき後宮(ハレム)が機能不全を起こし、后を中心にした制度に歪みがあり今の状態に陥ったことに後宮(ハレム)の構造を変えようと、後宮(ハレム)で皇帝(スルタン)を補佐できる助言出来る側近(ブレイン) …続きを読む
    合縁奇縁
    2024年04月10日
    41人がナイス!しています
  • 寵姫として持て囃される一方、妃候補たちに舐められるコネと派閥だらけの後宮に辟易したライラ―が、後宮改革を決意する第二弾。アスウィールや母后の承諾を得て、後宮で皇帝を補佐できる人材の育成を目指すライラー 寵姫として持て囃される一方、妃候補たちに舐められるコネと派閥だらけの後宮に辟易したライラ―が、後宮改革を決意する第二弾。アスウィールや母后の承諾を得て、後宮で皇帝を補佐できる人材の育成を目指すライラー。一方で兄帝を弑逆して反抗的なイエニチェリ軍団を掌握するべく動き出したアスウィール。敵だったはずのヤーサミーナも、努力を評価するライラーにすっかり籠絡されてツンデレと化していて苦笑いでしたけど、軍団相手の賭けに勝ってみせたアスウィールの変化も感じましたね。二人の関係もどう変わるのかこれからの展開が楽しみです。 …続きを読む
    よっち
    2024年01月15日
    26人がナイス!しています
  • 後宮の人材登用・教育制度を改革したり、陛下の腹心として戦場で大活躍したりなどライラーの聡明さと人柄に魅せられてあっという間に読了。彼女のエネルギッシュさには惚れ惚れとします、前巻では敵だったヤーサミー 後宮の人材登用・教育制度を改革したり、陛下の腹心として戦場で大活躍したりなどライラーの聡明さと人柄に魅せられてあっという間に読了。彼女のエネルギッシュさには惚れ惚れとします、前巻では敵だったヤーサミーナもすっかり人たらしの彼女に籠絡されてるのが微笑ましい。後半はアスィールが王として成長して、大活躍でした。祖国に帰るといっているライラーですが、アスィールの優しさと真っ直ぐな思いに絆されかけているのでこのまま頑張ってほしいところ。戦うヒロインはやっぱり魅力的だなと再確認、続編希望です。 …続きを読む
    なぎ
    2024年01月14日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品