ゆうずどの結末

ゆうずどの結末

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041142059
label

ゆうずどの結末

  • 著者 滝川 さり
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041142059

「こんな結末は耐えられない」絶対に読んではいけない、禁忌の本が誕生。

こんな結末は耐えられない――。
大学に入学して3か月、菊池斗真はサークルの同級生・宮原の投身自殺を目撃してしまう。死因に不審な点もなく遺書もあったことから、彼女の死は自殺と断定された。
宮原の死から数日後、菊池は同じサークルに所属する先輩の日下部から、表紙にいくつかの赤黒い染みがある本を手渡される。それは、宮原が死の瞬間に持っていた小説らしい。
「ゆうずど」というタイトルの小説は角川ホラー文庫から刊行されている普通のホラー小説で、特に宮原の死と結びつけるような内容は描かれていなかった。
しかし、本を読んだ日下部はその翌週に自殺をしてしまう。
そして日下部の死後、なぜか菊池の手元には「ゆうずど」の本が現れていた。
何度捨てても戻ってくる本。そして勝手に進んでいく本に挟まれた黒い栞。自分にしか見えない紙の化け物。
菊池は何とか自らに迫る死の呪いを回避するために、ある手段を講じるが――。

その■■を、絶対に読んではいけない。
あなたの身に恐怖が迫る、新感覚ホラー誕生!
こんな結末は耐えられない――。
大学に入学して3か月、菊池斗真はサークルの同級生・宮原の投身自殺を目撃してしまう。死因に不審な点もなく遺書もあったことから、彼女の死は自殺と断定された。
宮原の死から数日後、菊池は同じサークルに所属する先輩の日下部から、表紙にいくつかの赤黒い染みがある本を手渡される。それは、宮原が死の瞬間に持っていた小説らしい。
「ゆうずど」というタイトルの小説は角川ホラー文庫から刊行されている普通のホラー小説で、特に宮原の死と結びつけるような内容は描かれていなかった。
しかし、本を読んだ日下部はその翌週に自殺をしてしまう。
そして日下部の死後、なぜか菊池の手元には「ゆうずど」の本が現れていた。
何度捨てても戻ってくる本。そして勝手に進んでいく本に挟まれた黒い栞。自分にしか見えない紙の化け物。
菊池は何とか自らに迫る死の呪いを回避するために、ある手段を講じるが――。

その■■を、絶対に読んではいけない。
あなたの身に恐怖が迫る、新感覚ホラー誕生!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

序 章 どこかの誰か
第一章 菊池斗真
第二章 牧野伊織
第三章 藤野翔太
第四章 青井克生
最終章 滝川さり

「ゆうずどの結末」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「ゆうずど」という本を読んだら呪われる。 単純なストーリーだけど、死に方はそれぞれ違う事、読んでも呪われない人もいるとかは面白かった。結局最後の最後までゆうずどの真相はわからなかった。 ゆうずどの呪いは 「ゆうずど」という本を読んだら呪われる。 単純なストーリーだけど、死に方はそれぞれ違う事、読んでも呪われない人もいるとかは面白かった。結局最後の最後までゆうずどの真相はわからなかった。 ゆうずどの呪いは怖いけど、それよりもイオリの話が1番怖かったかも。 …続きを読む
    ap_yu
    2024年02月26日
    8人がナイス!しています
  • 「読んだ」というよりも「読ませられた」と言ったほうが正しいくらいに引き込まれました。とにかく怖い。ただただ怖い。『ゆうずど』を読んでしまったことで呪われ、〈紙の化け物〉に苦しめられる登場人物たち。各章 「読んだ」というよりも「読ませられた」と言ったほうが正しいくらいに引き込まれました。とにかく怖い。ただただ怖い。『ゆうずど』を読んでしまったことで呪われ、〈紙の化け物〉に苦しめられる登場人物たち。各章の展開も結末も不条理で、まさに呪いでした。個人的に第3章がきつかった。より恐怖を実感するために、紙の本で読むことをおすすめします。そして読了後は、必ず手元 …続きを読む
    かおすけ
    2024年02月27日
    5人がナイス!しています
  • 今日読もう、今日読み終わろうと決めて読んだ。とても面白く、一気に読んだけど、心情的に助かってほしい人もどうにもならないから辛くもあった。 タイトルの「ゆうずど」、順番変えたりして考えてたけど、直球の意 今日読もう、今日読み終わろうと決めて読んだ。とても面白く、一気に読んだけど、心情的に助かってほしい人もどうにもならないから辛くもあった。 タイトルの「ゆうずど」、順番変えたりして考えてたけど、直球の意味とルールだったの、なるほど!って思った。 …続きを読む
    りさ
    2024年02月22日
    4人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品