ゆうずどの結末

ゆうずどの結末

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041142059
label

ゆうずどの結末

  • 著者 滝川 さり
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年02月22日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
304
ISBN:
9784041142059

「こんな結末は耐えられない」絶対に読んではいけない、禁忌の本が誕生。

こんな結末は耐えられない――。
大学に入学して3か月、菊池斗真はサークルの同級生・宮原の投身自殺を目撃してしまう。死因に不審な点もなく遺書もあったことから、彼女の死は自殺と断定された。
宮原の死から数日後、菊池は同じサークルに所属する先輩の日下部から、表紙にいくつかの赤黒い染みがある本を手渡される。それは、宮原が死の瞬間に持っていた小説らしい。
「ゆうずど」というタイトルの小説は角川ホラー文庫から刊行されている普通のホラー小説で、特に宮原の死と結びつけるような内容は描かれていなかった。
しかし、本を読んだ日下部はその翌週に自殺をしてしまう。
そして日下部の死後、なぜか菊池の手元には「ゆうずど」の本が現れていた。
何度捨てても戻ってくる本。そして勝手に進んでいく本に挟まれた黒い栞。自分にしか見えない紙の化け物。
菊池は何とか自らに迫る死の呪いを回避するために、ある手段を講じるが――。

その■■を、絶対に読んではいけない。
あなたの身に恐怖が迫る、新感覚ホラー誕生!
こんな結末は耐えられない――。
大学に入学して3か月、菊池斗真はサークルの同級生・宮原の投身自殺を目撃してしまう。死因に不審な点もなく遺書もあったことから、彼女の死は自殺と断定された。
宮原の死から数日後、菊池は同じサークルに所属する先輩の日下部から、表紙にいくつかの赤黒い染みがある本を手渡される。それは、宮原が死の瞬間に持っていた小説らしい。
「ゆうずど」というタイトルの小説は角川ホラー文庫から刊行されている普通のホラー小説で、特に宮原の死と結びつけるような内容は描かれていなかった。
しかし、本を読んだ日下部はその翌週に自殺をしてしまう。
そして日下部の死後、なぜか菊池の手元には「ゆうずど」の本が現れていた。
何度捨てても戻ってくる本。そして勝手に進んでいく本に挟まれた黒い栞。自分にしか見えない紙の化け物。
菊池は何とか自らに迫る死の呪いを回避するために、ある手段を講じるが――。

その■■を、絶対に読んではいけない。
あなたの身に恐怖が迫る、新感覚ホラー誕生!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

序 章 どこかの誰か
第一章 菊池斗真
第二章 牧野伊織
第三章 藤野翔太
第四章 青井克生
最終章 滝川さり

「ゆうずどの結末」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 読むと呪われる本【ゆうずど】。捨てても捨てても目の前に戻ってくる本。中には黒い栞が挟まれており、読んでもないのに栞の位置が変わっていく。そして栞が最後のページに辿り着くと死ぬらしい。ゆうずどの噂はまこ 読むと呪われる本【ゆうずど】。捨てても捨てても目の前に戻ってくる本。中には黒い栞が挟まれており、読んでもないのに栞の位置が変わっていく。そして栞が最後のページに辿り着くと死ぬらしい。ゆうずどの噂はまことしやかに語られ、その出自も謎…だったはずが🫨😱結末気になって一気読み‼️なかなか凝っててサクッと楽しみました🤭 …続きを読む
    やも
    2024年03月22日
    83人がナイス!しています
  • 「黒い栞が見えたら、終わり」読むほどに自分の身も不安になる呪いの本をめぐる新感覚ホラー。『ゆうづど』という1冊の本。ネット上に拡散する「この本を読んだ者は呪われる」という都市伝説。知らずに手にとった者 「黒い栞が見えたら、終わり」読むほどに自分の身も不安になる呪いの本をめぐる新感覚ホラー。『ゆうづど』という1冊の本。ネット上に拡散する「この本を読んだ者は呪われる」という都市伝説。知らずに手にとった者、人を呪いたいが為にその本を探す者、呪いを体験したいと自ら欲した者、動機はさまざまだが彼らは皆後悔する。何度捨てても戻ってくる本に勝手に進んでいく黒い栞、読んだ者にしか見えない沢山の紙をまとった不気味な女。栞が最終ページまで来た時に彼らは想像を絶する恐怖を体験する。他人事ではないリアル感がかなり怖かった。 …続きを読む
    yukaring
    2024年03月03日
    83人がナイス!しています
  • 一度頁を捲ったが最後、呪いに囚われる本「ゆうずど」。手放してもいつの間にか手元に戻り、その間にも黒い栞は徐々に頁を移動し、最後の頁に辿り着くと、呪われた読者に待つのは死。まず「逃げられない」という呪い 一度頁を捲ったが最後、呪いに囚われる本「ゆうずど」。手放してもいつの間にか手元に戻り、その間にも黒い栞は徐々に頁を移動し、最後の頁に辿り着くと、呪われた読者に待つのは死。まず「逃げられない」という呪いの容赦無さが叩きつけられる。各章毎に主人公(ゆうずどを手に取った者)が代わり、趣向もミステリ的だったりと飽きさせない。ただし過程は多様でも、最後に待つ結末は・・・絶対的な、死。最終章は賛否あるかもしれないが、最終頁の(編集部注)には唸らされた。これは、電子版より文庫本で手に取るのがより「恐」・・・ …続きを読む
    こら
    2024年03月06日
    72人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品