七帝柔道記II 立てる我が部ぞ力あり

七帝柔道記II 立てる我が部ぞ力あり

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年03月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
488
ISBN:
9784041139424

七帝柔道記II 立てる我が部ぞ力あり

  • 著者 増田 俊也
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年03月18日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
488
ISBN:
9784041139424

前作を超える血と汗と、涙――。 最後の夏に挑む、灼熱の青春小説!

15人vs15人の団体戦「七帝柔道」。この旧七帝国大学だけの寝技中心の柔道に憧れ、増田俊也は2浪の末に北海道大学に入学した。しかしかつて無敵を誇った名門・北大柔道部は、旧七帝大同士で競う大会・七帝戦で、2年連続最下位であった。さらに増田の1年、2年の七帝戦でも1勝も出来ず、主力の上級生たちはみな引退してしまう。かつてない絶望的なチーム状況の中、果たして北大、復活なるか。副主将となった増田は主将の竜澤とともに、部内外の仲間たちに支えられながらチームを率いていく――。

あの日の少年は青年となり、因縁の戦いに向かう。
「命をかけて最下位を脱出するんだ」
15人vs15人の団体戦「七帝柔道」。この旧七帝国大学だけの寝技中心の柔道に憧れ、増田俊也は2浪の末に北海道大学に入学した。しかしかつて無敵を誇った名門・北大柔道部は、旧七帝大同士で競う大会・七帝戦で、2年連続最下位であった。さらに増田の1年、2年の七帝戦でも1勝も出来ず、主力の上級生たちはみな引退してしまう。かつてない絶望的なチーム状況の中、果たして北大、復活なるか。副主将となった増田は主将の竜澤とともに、部内外の仲間たちに支えられながらチームを率いていく――。

あの日の少年は青年となり、因縁の戦いに向かう。
「命をかけて最下位を脱出するんだ」

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第1章 たった2人の抜き役

第2章 札幌には観光に来た

第3章 汗の蒸気と柔道場

第4章 沈む泥舟

第5章 函館の潮風、札幌の豪雪

第6章 怪物新入生がやってきた

第7章 北海道大学柔道部の焦燥

第8章 後藤主将、七帝戦を率いる

第9章 寝技仙人は東の方角にいる

第10章 対東北大学定期戦

第11章 雪が積もりはじめた札幌で

第12章 昭和最後の日

第13章 最後の七帝戦

第14章 東北大学との死闘

第15章 人の世の清き国ぞとあこがれぬ

「七帝柔道記II 立てる我が部ぞ力あり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 増田俊也さんの自伝小説にして「七帝柔道記」の続編。前作が面白かったので、期待して読んだが、期待通りの出来栄えで満足な内容だった。15人vs15人の団体戦「七帝柔道」という試合がある。この柔道に憧れて増田俊也 増田俊也さんの自伝小説にして「七帝柔道記」の続編。前作が面白かったので、期待して読んだが、期待通りの出来栄えで満足な内容だった。15人vs15人の団体戦「七帝柔道」という試合がある。この柔道に憧れて増田俊也は2浪の末に北海道大学に入学した。ただ北大は2年連続最下位だった。この状況を脱出するべく毎日の練習に励んでいく。小説全編ほとんどが柔道の描写で、サイドストーリーはほとんどない。それでも読んでいて不思議と飽きてはこない。単なるスポ根小説にはないものが伝わって来る。ラストの七帝戦では胸が熱くなってきた。 …続きを読む
    のぶ
    2024年04月12日
    69人がナイス!しています
  • ★★★★☆ 前作が飛ぶほど面白かった記憶があるが、何とそれから十一年ぶりの続編。忘れていないだろうかと不安も、読み始めるや一瞬にして吹き飛んだ。七帝柔道にかける、男たちの熱い、いや熱苦しいまでのパワーに引き ★★★★☆ 前作が飛ぶほど面白かった記憶があるが、何とそれから十一年ぶりの続編。忘れていないだろうかと不安も、読み始めるや一瞬にして吹き飛んだ。七帝柔道にかける、男たちの熱い、いや熱苦しいまでのパワーに引き込まれるかのように読んだ。前作は大学に入り、入部して、という初々しさもあり、また友情や恋愛など青臭い部分も描かれた。一方で、上級生時代が描かれる本作は、七帝柔道一本、試合のシーンがほとんど。だがそれだけに熱量も凄まじく、こんな学生生活を過ごせるなら、留年上等では、とその青春の充足感について思った。 …続きを読む
    そうたそ
    2024年04月14日
    17人がナイス!しています
  • この物語の実質の主人公(と私が思っている)和泉さんが北大を卒業し、徳島大医学部へと旅立つところはしんみりしてしまう。そして何といっても感情移入してしまうのは斉藤テツさん。小柄で非力と描写される彼が下級 この物語の実質の主人公(と私が思っている)和泉さんが北大を卒業し、徳島大医学部へと旅立つところはしんみりしてしまう。そして何といっても感情移入してしまうのは斉藤テツさん。小柄で非力と描写される彼が下級生に侮られながらも拷問のような練習を4年間耐え抜き、「究極の寝技」「最後の最後に自分の柔道を創り上げた」にはグッときてしまった。なおYouTubeで著者や竜澤氏の実際の七帝戦の試合を見ることができる。この4年後に黒船グレイシー柔術が世界を席巻し、北大で著者の3期下の中井さんがヒクソンと対戦することになる。 …続きを読む
    jjm
    2024年03月29日
    14人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品