勇者症候群2

勇者症候群2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784049150124
label

勇者症候群2

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年08月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784049150124

世界に仇なす《勇者》を疑え。

 秋葉原の《女神》との戦いから二ヶ月。リハビリや訓練にあたる「カローン」のもとへ、タカナシ・ハルという新たな女性隊員が送り込まれる。
 上層部からの“監視”なのは明白なハルの経歴に、たとえ監視といえども仲間――そう過去の自分を重ねて手を差し伸べる決意をするカグヤ。

「人を救ってやるために戦場に出る? 笑わせるわ」

 だが、相手はアズマ以上の難敵で……!? ハルの言葉に反目するように、カグヤは救いこそが是であると思い詰める。
 救うべき、救わなければ。己が正義と信じ、取り憑かれた救世の果てに少女が目にするもの。

「じゃあな。……人間」

 それは激励と羨望と皮肉と、裏切りで――。
 秋葉原の《女神》との戦いから二ヶ月。リハビリや訓練にあたる「カローン」のもとへ、タカナシ・ハルという新たな女性隊員が送り込まれる。
 上層部からの“監視”なのは明白なハルの経歴に、たとえ監視といえども仲間――そう過去の自分を重ねて手を差し伸べる決意をするカグヤ。

「人を救ってやるために戦場に出る? 笑わせるわ」

 だが、相手はアズマ以上の難敵で……!? ハルの言葉に反目するように、カグヤは救いこそが是であると思い詰める。
 救うべき、救わなければ。己が正義と信じ、取り憑かれた救世の果てに少女が目にするもの。

「じゃあな。……人間」

 それは激励と羨望と皮肉と、裏切りで――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「勇者症候群2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 秋葉原の《女神》との戦いから二ヶ月。リハビリや訓練にあたる「カローン」のもとへ、監視局からの出向という形で新女性隊員タカナシ・ハルが送り込まれる第二弾。上層部からの監視であることは明白なハルの経歴と態 秋葉原の《女神》との戦いから二ヶ月。リハビリや訓練にあたる「カローン」のもとへ、監視局からの出向という形で新女性隊員タカナシ・ハルが送り込まれる第二弾。上層部からの監視であることは明白なハルの経歴と態度に、過去の自分を重ねて手を差し伸べる決意をするカグヤ。一方で全てを救いたいと奔走する彼女に突きつけられた、勇者になった少年からの明確な拒絶。反発を覚えるハルがそれでも何もかもを諦めないカグヤの熱い想いに触れ、少しずつ変わってゆく展開は良かったですけど、厳しい状況はこれからも続きそうで、続刊が気になりますね。 …続きを読む
    よっち
    2023年08月10日
    30人がナイス!しています
  • 勇者のデザインのおかげで、イメージが『まどマギ』から離れないのだが、その境遇もまた魔女に近しいようだ。声なき意思だけが彷徨って周囲を破壊するだけでなく、濁ったその力を利用され武器へと転化されて死ぬこと 勇者のデザインのおかげで、イメージが『まどマギ』から離れないのだが、その境遇もまた魔女に近しいようだ。声なき意思だけが彷徨って周囲を破壊するだけでなく、濁ったその力を利用され武器へと転化されて死ぬことすら許されない。少年少女らの恨みは如何ほどか。メインストーリーは監視役との衝突というオーソドックスな話で、子供だらけの組織などの設定方面は前巻以上に希薄だった。結局勇者はなぜ生まれるか、どうして彼女だけが話せるのか、組織とは何なのか。1巻以上に世界観が見えてこないので、どんでん返しの期待値を上げるに留めたい。 …続きを読む
    のれん
    2023年08月17日
    13人がナイス!しています
  • 読了 何故異形の怪物は「勇者」と呼ばれたのか、不明瞭だった部分が見えてきた時戦慄する─── 本作の「勇者」は死を迎えようとする少年少女が「女神」によって変貌し、理想の夢を見る無意識の化け物となり破壊を齎す。 そん 読了 何故異形の怪物は「勇者」と呼ばれたのか、不明瞭だった部分が見えてきた時戦慄する─── 本作の「勇者」は死を迎えようとする少年少女が「女神」によって変貌し、理想の夢を見る無意識の化け物となり破壊を齎す。 そんな少年少女の成れ果ては同じく少年少女しか知覚出来ずその戦場に向かうのも少年少女。 アキバでの死闘から2ヶ月。 監査所から派遣された監視役:タカナシ・ハルを加えて始まる第2巻。 血の気が引く、鳥肌が立つ、何よりも見えてきた真実に心は冷えながらその緊張感に興奮が抑えられない。 …続きを読む
    凜音
    2023年08月12日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品