勇者症候群3

勇者症候群3

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年01月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784049151480
label

勇者症候群3

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年01月10日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
344
ISBN:
9784049151480

世界に仇なす《勇者》を救え。

 カグヤが意識を失ってから一週間が経った。《勇者》の内部に精神を囚われ昏睡状態のカグヤ、そして研究長の訃報。混迷するカローンの前に《勇者》は再び現れる。
「……元に戻っただけだ」
 そう言い聞かせるように戦いへ身を置くアズマたち。だが、カグヤが示した“救い”を今更忘れることなどもう出来ない。
 《勇者》と『勇者』。殲滅軍の内と外。彼らはどこから来たのか。なぜ戦わなければならないのか――終わりなき戦火の果てに逆転する世界。
 全てを知った少年は再び“勇者”になることを決意する!
 カグヤが意識を失ってから一週間が経った。《勇者》の内部に精神を囚われ昏睡状態のカグヤ、そして研究長の訃報。混迷するカローンの前に《勇者》は再び現れる。
「……元に戻っただけだ」
 そう言い聞かせるように戦いへ身を置くアズマたち。だが、カグヤが示した“救い”を今更忘れることなどもう出来ない。
 《勇者》と『勇者』。殲滅軍の内と外。彼らはどこから来たのか。なぜ戦わなければならないのか――終わりなき戦火の果てに逆転する世界。
 全てを知った少年は再び“勇者”になることを決意する!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

同じシリーズの作品

「勇者症候群3」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • カグヤが意識を失ってから一週間。勇者の内部に精神を囚われ昏睡状態のカグヤ、そして研究長の訃報。混迷するカローンの前に勇者が再び現れる第3弾。元に戻っただけと言い聞かせても、戦いへ身を置くアズマたちが思 カグヤが意識を失ってから一週間。勇者の内部に精神を囚われ昏睡状態のカグヤ、そして研究長の訃報。混迷するカローンの前に勇者が再び現れる第3弾。元に戻っただけと言い聞かせても、戦いへ身を置くアズマたちが思わずにいられないカグヤが示した救い。危険な状況からカローンに身を寄せたマリが明かすクロノスの秘密。そして明らかにされてゆく殲滅軍の真実。そんな中で直面する過酷な状況にも、最後まで諦めなかったからこそ大切なものを守り切ることができて、生き残った不器用な彼らが迎えるかけがえのない結末を最後まで読めて良かったです。 …続きを読む
    よっち
    2024年01月30日
    30人がナイス!しています
  • 非日常に引き込まれて現実を忘れた者=勇者を如何にして目覚めさせるか。仕事を苦労したり、同僚を信頼したり、恋をしたりして現実を生きることの幸せを説く。伝えたいことはわかるが、その現実感がフワフワしている 非日常に引き込まれて現実を忘れた者=勇者を如何にして目覚めさせるか。仕事を苦労したり、同僚を信頼したり、恋をしたりして現実を生きることの幸せを説く。伝えたいことはわかるが、その現実感がフワフワしている。組織やキャラの日常性とかが分からないのに、武器化した人間の運命は(現実を理解したのに)残酷。てか、敵がいなくなり組織解散の流れで研究仕事って何があったんだろうか。組織だけでなく、この世界の組織外の社会が見えてこないのは、あまりに閉じすぎている。 テーマに沿うよう「大人」のキャラをもっと出してもよかったかな。 …続きを読む
    のれん
    2024年01月13日
    11人がナイス!しています
  • 読了。去年期待して読み始めたシリーズ。設定やキャラの見た感じ等は好みだったんだけど、読むと物足りない感じはしてたから早々と終わるんじゃないかとは思ってた。で、最終巻。話自体はちゃんとまとめてあったし、 読了。去年期待して読み始めたシリーズ。設定やキャラの見た感じ等は好みだったんだけど、読むと物足りない感じはしてたから早々と終わるんじゃないかとは思ってた。で、最終巻。話自体はちゃんとまとめてあったし、終わり方もスッキリとした物だったし満足です。 …続きを読む
    霧月
    2024年02月09日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品