化け者手本

化け者手本

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041136362

化け者手本

  • 著者 蝉谷 めぐ実
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年07月28日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
240
ISBN:
9784041136362

「さあ、化けもん暴きの幕が開くで」。文学賞三冠「化け者」シリーズ!

「命を天秤にかけてこそ、示せるものがあるでしょう?」

ときは文政、ところは江戸。
心優しき鳥屋の藤九郎と、稀代の女形だった元役者の魚之助のもとに、中村座の座元から事件の話が持ち込まれた。
舞台の幕が下りたとき、首の骨がぽっきり折られ、両耳から棒が突き出た死体が、客席に転がっていたという。これは何かの見立て殺しか。
演目は「仮名手本忠臣蔵」。死人が出るのはこれで二人目。
真相解明に乗り出したふたりだったが、芸に、恋に、義に、忠に生きる人の姿が、彼らの心を揺さぶって――。


『化け者心中』『おんなの女房』で話題をさらった新鋭が放つ、極上上吉のエンタメ時代小説!
「命を天秤にかけてこそ、示せるものがあるでしょう?」

ときは文政、ところは江戸。
心優しき鳥屋の藤九郎と、稀代の女形だった元役者の魚之助のもとに、中村座の座元から事件の話が持ち込まれた。
舞台の幕が下りたとき、首の骨がぽっきり折られ、両耳から棒が突き出た死体が、客席に転がっていたという。これは何かの見立て殺しか。
演目は「仮名手本忠臣蔵」。死人が出るのはこれで二人目。
真相解明に乗り出したふたりだったが、芸に、恋に、義に、忠に生きる人の姿が、彼らの心を揺さぶって――。


『化け者心中』『おんなの女房』で話題をさらった新鋭が放つ、極上上吉のエンタメ時代小説!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。



カドブン記事一覧

【2023年08月16日】好きで始まった物語なので、好きで終わらせたかった。蝉谷めぐ実インタビュー


【2023年07月27日】複雑に入り組む見立てが暴く江戸と現代の闇――蝉谷めぐ実『化け者手本』レビュー【評者:末國善己】


【2023年07月12日】蝉谷めぐ実『化け者手本』新刊紹介


「化け者手本」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 藤九郎の心は定まってる。芝居小屋だろうと、地獄だろうとどこまでも、あなたを背負って走る。真っ直ぐに。腹を括ってる。揺らいでいたのはあなたの方だったんだ、魚之助よ。何でこんなにあの若者を混乱させるのよ! 藤九郎の心は定まってる。芝居小屋だろうと、地獄だろうとどこまでも、あなたを背負って走る。真っ直ぐに。腹を括ってる。揺らいでいたのはあなたの方だったんだ、魚之助よ。何でこんなにあの若者を混乱させるのよ!って腹立ったけど。変わる自分に、どんどん自分の中に入り込んでくる藤九郎に、迷い戸惑っていたんだね。「いざ、お前がおれへんようになったとき。あたしは歳を喰ったただの男になっとんのやで」胸を衝かれた。でも、二人が人間のままでも、化物になってしまってもいいんじゃないのかね。 …続きを読む
    みっちゃん
    2023年10月09日
    135人がナイス!しています
  • 「化け者心中」の続編。前作の時も感じましたが、蝉谷さんの文章には独特のリズムというか、節回しがありますね。それが読んでいて心地良いです。物語は文政時代、江戸随一の芝居小屋中村座にて『仮名手本忠臣蔵』の 「化け者心中」の続編。前作の時も感じましたが、蝉谷さんの文章には独特のリズムというか、節回しがありますね。それが読んでいて心地良いです。物語は文政時代、江戸随一の芝居小屋中村座にて『仮名手本忠臣蔵』の演目を終えた客席から屍体が見つかる。その屍体は、首の骨を折られて両耳に棒が突き立てられていた。中村座座元は、鳥屋の藤九郎と元女形の魚之助に真相解明の依頼をする。話を聞くと、その屍体は実は2人目であった。前作同様、藤九郎と魚之助が中心になってストーリーを進めていく。このふたりのコンビが本作の魅力だと思う。 …続きを読む
    のぶ
    2023年08月25日
    110人がナイス!しています
  • 「化け者心中」続編。芝居小屋中村屋で起きた奇怪な殺人事件。元女形魚之助と鳥屋の藤九郎が真相解明に乗り出す。ものすごく面白いとは思わないけど、この独特の語り口が小気味よくてクセになる。魚之助と藤九郎は各 「化け者心中」続編。芝居小屋中村屋で起きた奇怪な殺人事件。元女形魚之助と鳥屋の藤九郎が真相解明に乗り出す。ものすごく面白いとは思わないけど、この独特の語り口が小気味よくてクセになる。魚之助と藤九郎は各々の心情の変化を自覚している。分かり合えそうで、するりと躱され、しかし、離れる事もできなくなってしまっているふたり。もう少し行く末を追ってみたい気になる。 …続きを読む
    mike
    2024年02月06日
    79人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品