幽霊と探偵2

幽霊と探偵2

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049149418
label

幽霊と探偵2

  • 著者 山口 幸三郎
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年04月25日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784049149418

人香失踪の真相が明らかに――!? 幽霊×探偵の謎解き事件簿第2弾!

記憶を失くした幽霊の人香を相棒に、探偵事務所を営みながら人香失踪の真相を探っている元刑事の巻矢。
元の職場での警察手帳紛失事件や、不思議な着ぐるみにまつわる謎を解決していく中、妹を助けてほしいと依頼に来た人物にはめられ、二人は廃ビルに監禁されてしまう。
巻矢の許に持ち込まれたそれぞれの謎は、やがて行方不明となっている人香の足跡に繋がっていき――辿り着いた先に待っていた意外な真実。心優しき幽霊と苦労性な探偵を待ち受けていた運命とは――!?
記憶を失くした幽霊の人香を相棒に、探偵事務所を営みながら人香失踪の真相を探っている元刑事の巻矢。
元の職場での警察手帳紛失事件や、不思議な着ぐるみにまつわる謎を解決していく中、妹を助けてほしいと依頼に来た人物にはめられ、二人は廃ビルに監禁されてしまう。
巻矢の許に持ち込まれたそれぞれの謎は、やがて行方不明となっている人香の足跡に繋がっていき――辿り着いた先に待っていた意外な真実。心優しき幽霊と苦労性な探偵を待ち受けていた運命とは――!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

プロローグ ―三月一日―
第一話 手帳と密室 ―二月三日―
幕間 ―三月一日―
第二話 チョコケーキと着ぐるみ ―二月十四日―
幕間 ―三月一日―
第三話 理想と真相 ―九年前―
幕間 ―三月一日―
第四話 実行犯と傍観者 ―二月三日~四月一日―
エピローグ

同じシリーズの作品

「幽霊と探偵2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 人香の亡くなった真相が遂に判明!!そこさえ分かり、遺体が見つかれば無事に成仏…と思っていたのですが、一筋縄ではいかないものですね。犯人も私の中では予想外の人物だったので、残念な気持ちとなりました。人香が 人香の亡くなった真相が遂に判明!!そこさえ分かり、遺体が見つかれば無事に成仏…と思っていたのですが、一筋縄ではいかないものですね。犯人も私の中では予想外の人物だったので、残念な気持ちとなりました。人香が見つかったとはいえ、巻矢と若葉の拗れた関係はまだ続きそうです。人香が成仏するかも含め、今後の展開が気になります。 …続きを読む
    よっしー
    2023年08月17日
    20人がナイス!しています
  • シリーズ2作目。予想もつかない展開にページをめくる手が止まらなかった。人香は見つかったけど犯人は誰なんだろう。巻矢の予想通りの人が犯人なのか。大福もいい人だと思っていたのに。私的には人香に申し訳ないけ シリーズ2作目。予想もつかない展開にページをめくる手が止まらなかった。人香は見つかったけど犯人は誰なんだろう。巻矢の予想通りの人が犯人なのか。大福もいい人だと思っていたのに。私的には人香に申し訳ないけど巻矢と一緒にいてほしい。 …続きを読む
    Kana
    2023年04月23日
    17人がナイス!しています
  • 前回と同様、今回も端的な事件があったが、時系列がバラバラになっているにもかかわらず、それが1つにまとまっているところは、作者の才能を感じ、すらすらと読むことができた。 しかし、最後の最後でまさかの大福君 前回と同様、今回も端的な事件があったが、時系列がバラバラになっているにもかかわらず、それが1つにまとまっているところは、作者の才能を感じ、すらすらと読むことができた。 しかし、最後の最後でまさかの大福君が…という残念さと裏切り。 巻矢の心情や、若葉ちゃんの大切な恋人を失った悲しみなど、最後にかけて怒涛のシリアスと重さが駆け寄ってきた印象。 これで終わるのかと見せかけておいて、いよいよ次で最終回なのか? とにかく、巻矢にはこれからも前を向いて歩いてほしい。 …続きを読む
    白雪ちょこ
    2023年11月13日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品