ワケあり男装令嬢、ライバルから求婚される〈下〉 「あなたと結婚して妻になります!」

ワケあり男装令嬢、ライバルから求婚される〈下〉 「あなたと結婚して妻になります!」

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784049148909
label

ワケあり男装令嬢、ライバルから求婚される〈下〉 「あなたと結婚して妻になります!」

  • 著者 江本 マシメサ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年03月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784049148909

学校生活最大のピンチ! ついに、正体がバレた!?

 アドルフへの恋心を認識したリオニー。彼との結婚を素直に認めようとするものの、依然として彼が薔薇の花束と恋文を贈る相手については情報が得られないままだった。
 悶々とする日々を過ごしていたリオニーだったが、ある日無理が祟って倒れてしまい、学校生活最大の正体バレのピンチに見舞われてしまう。更には、アドルフの情報を嗅ぎ回る怪しい奴らに捕まってしまい――!?
 果たしてリオニーは無事に幸せな結婚ができるのか。溺愛ラブストーリー、完結!

■書籍版には、書き下ろし番外編「愛妻に懸想するアドルフ」を収録!
 アドルフへの恋心を認識したリオニー。彼との結婚を素直に認めようとするものの、依然として彼が薔薇の花束と恋文を贈る相手については情報が得られないままだった。
 悶々とする日々を過ごしていたリオニーだったが、ある日無理が祟って倒れてしまい、学校生活最大の正体バレのピンチに見舞われてしまう。更には、アドルフの情報を嗅ぎ回る怪しい奴らに捕まってしまい――!?
 果たしてリオニーは無事に幸せな結婚ができるのか。溺愛ラブストーリー、完結!

■書籍版には、書き下ろし番外編「愛妻に懸想するアドルフ」を収録!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 同級生でライバルな男の親友として
第二章 同級生でライバルな男の婚約者として
第三章 同級生でライバルな男の危機?
第四章 同級生でライバルな男に正体がバレてしまった……!

番外編その一 ランハートのお気持ち表明
番外編その二 ロンリンギア公爵とお買い物
書き下ろし番外編 愛妻に懸想するアドルフ

同じシリーズの作品

「ワケあり男装令嬢、ライバルから求婚される〈下〉 「あなたと結婚して妻になります!」」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 上下巻まとめての感想。面白かったです。あまり男装ものは好きじゃないのだけどこのお話は読みやすかった。事件が起こりヒロインがピンチに、そしてとうとう男装がバレてしまうのだけど、ヒーローが怒るどころかヒロ 上下巻まとめての感想。面白かったです。あまり男装ものは好きじゃないのだけどこのお話は読みやすかった。事件が起こりヒロインがピンチに、そしてとうとう男装がバレてしまうのだけど、ヒーローが怒るどころかヒロインを労う器の大きな男でホントに良かったよ。あとヒーローには他に愛している人がいるんじゃ、とずっと気にしていたけどそれは予想した通り勘違いだったわ。あんなにヒロインを大切にしているヒーローにいるわけがないさ~(笑)。その勘違いの原因になったヒーロー家族のゴタゴタが結構苦しいものだったけど、→ …続きを読む
    ラナンキュラス
    2023年03月25日
    50人がナイス!しています
  • 友人ランハートに先に正体バレしましたが、気づかいや距離の取り方とか素晴らしい。もちろんアドルフの反応もポジティブで良かった(笑)。公爵家でのリオニーの頑張りもカッコ良くて、充分やっていけると思いました 友人ランハートに先に正体バレしましたが、気づかいや距離の取り方とか素晴らしい。もちろんアドルフの反応もポジティブで良かった(笑)。公爵家でのリオニーの頑張りもカッコ良くて、充分やっていけると思いました。お幸せに〜。 …続きを読む
    ダージリン
    2023年04月03日
    30人がナイス!しています
  • ★3 魔法学校3年〜卒業1年後結婚、その後。魔法学校ではライバルで親友同士、アドルフx弟・リオルになりすまし学校に通う男装伯爵令嬢・リオニー、婚約。上巻よりは躍動感。黒雀の使い魔が変化するのは予想していた ★3 魔法学校3年〜卒業1年後結婚、その後。魔法学校ではライバルで親友同士、アドルフx弟・リオルになりすまし学校に通う男装伯爵令嬢・リオニー、婚約。上巻よりは躍動感。黒雀の使い魔が変化するのは予想していたがそこまで?とそれだけの活躍のみ? アドルフとリオニーの使い魔の用途は及第点止まり。アドルフが竜のモチーフに拘った理由が下巻でもわからなかった。上巻で伏線張られ、薔薇を送る相手は予想ついていたが、お家事情は予想外に複雑。でも番外含め、マルッと纏めてくれたの良き。TLとはいかなくてももう少し艶が欲しかった。 …続きを読む
    guinness mama
    2024年02月17日
    29人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品