君が死にたかった日に、僕は君を買うことにした

君が死にたかった日に、僕は君を買うことにした

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784049148619
label

君が死にたかった日に、僕は君を買うことにした

  • 著者 成東 志樹
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年07月24日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
224
ISBN:
9784049148619

買ったあいつと、買われた俺は、たぶん同じように飢えていた。

「買わせてくれない? 君の時間を、月20万円で」
 高校2年の冬。枕元には母の骨があった。長く闘病した母が死んで、一度も頼れたことなどなかった父は蒸発した。
 全てを失った少年・坂田は、突然目の前に現れた西川と名乗る男に、奇妙な取引を持ちかけられる。
 母の葬儀代を稼ぎたい一心で応じた坂田に、実は同い年だという西川が提示した条件は、更に不可解なものだった。
 1.毎日、高校にくること
 2.僕と同じ大学に合格して通うこと
 3.今日から友人として振る舞うこと
 金で結ばれた関係はやがて説明のつかない「本物」へと形を変える。愛に飢えた少年たちが紡ぐ、透明な青春譚。
「買わせてくれない? 君の時間を、月20万円で」
 高校2年の冬。枕元には母の骨があった。長く闘病した母が死んで、一度も頼れたことなどなかった父は蒸発した。
 全てを失った少年・坂田は、突然目の前に現れた西川と名乗る男に、奇妙な取引を持ちかけられる。
 母の葬儀代を稼ぎたい一心で応じた坂田に、実は同い年だという西川が提示した条件は、更に不可解なものだった。
 1.毎日、高校にくること
 2.僕と同じ大学に合格して通うこと
 3.今日から友人として振る舞うこと
 金で結ばれた関係はやがて説明のつかない「本物」へと形を変える。愛に飢えた少年たちが紡ぐ、透明な青春譚。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

前章 透過色彩の災禍
後章 透過色彩の歳華

「君が死にたかった日に、僕は君を買うことにした」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初成東。★★☆。ラスト近くに香月がさっちゃんを買い、友達として接してくれた理由がわかったが、今の若者の感覚とはいえ、単なるボンボンの思いつきとしてもぶっ飛び過ぎかな。さっちゃんが自分を顧みても、その行動 初成東。★★☆。ラスト近くに香月がさっちゃんを買い、友達として接してくれた理由がわかったが、今の若者の感覚とはいえ、単なるボンボンの思いつきとしてもぶっ飛び過ぎかな。さっちゃんが自分を顧みても、その行動を不気味に感じたり、澄んだ眼を怖く感じるのも無理はない。でも以前病院で母親の車椅子を押す姿を見て「愛した」としても、そこは自分の生命が儚いと知っている若者の感情だから否定はできないね。青春の姿としてラストは胸が苦しくなるが、この交流は周りの皆の記憶にいつまでも残るだろう。さっちゃんの父親だけは最低。 …続きを読む
    Koji Eguchi
    2023年10月23日
    55人がナイス!しています
  • 『買ったあいつと、買われた俺は、たぶん同じように飢えていた。』「買わせてよ。君の時間を、月20万円で」 全てを失った少年・坂田は、突然現れた西川と名乗る男に、奇妙な取引を持ちかけられる。西川が提示した 『買ったあいつと、買われた俺は、たぶん同じように飢えていた。』「買わせてよ。君の時間を、月20万円で」 全てを失った少年・坂田は、突然現れた西川と名乗る男に、奇妙な取引を持ちかけられる。西川が提示した条件は、1.毎日、高校にくること。2.同じ大学に合格して通うこと。3.今日から友達としてふるまうこと。金で結ばれた関係はやがて説明のつかない「本物」へと形を変える。愛に飢えた少年たちが紡ぐ、透明な青春譚。第29回電撃小説大賞<選考委員奨励賞>受賞作。得体の知れない西川に突然「買われる」坂田の不安や葛藤の …続きを読む
    合縁奇縁
    2023年10月31日
    45人がナイス!しています
  • 書店で円陣闇丸さん絵と表題が目に入った際、「あ、読メの献本応募した本だ」と思ったけど帯の「推薦!榎田尤利」に気付いたらレジへ。表題の答えを知りたくて読み進むうち、年季の入った自分には答えの幾つかが浮か 書店で円陣闇丸さん絵と表題が目に入った際、「あ、読メの献本応募した本だ」と思ったけど帯の「推薦!榎田尤利」に気付いたらレジへ。表題の答えを知りたくて読み進むうち、年季の入った自分には答えの幾つかが浮かんでしまった。けれど一番困ったヤツだったと不安になるほどには作家さんに寄り添えていた(展開に好感が持てる)。「眠れるよ。眠れなければきみのことを考える」から涙腺決壊。豊田君も頑張ったね。良い読後感。 …続きを読む
    honoka
    2023年07月27日
    32人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品