萩埜まこと短編集 どこかの星のふたり

萩埜まこと短編集 どこかの星のふたり

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年12月20日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
226
ISBN:
9784047372955
label

萩埜まこと短編集 どこかの星のふたり

  • 著者 萩埜 まこと
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年12月20日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
226
ISBN:
9784047372955

宇宙の片隅で生まれる小さな出会い。そのすべてが物語で満ちている。

『熱帯魚は雪に焦がれる』の萩埜まことが
コミック誌「青騎士」で発表した5つの短編作品を収録。

遥か未来、遥か宇宙を旅する一体のアンドロイド。
彼の目的は「ゴースト」を探すこと。
かつて地球と呼ばれた惑星で高度な文明を築いていた
とある生命体の「ゴースト」を。
――『どこかの星のふたり』

そのほか以下4篇を収録。
『窓辺のリノア』
『波よりもおだやかで、雲よりも速く』
『髪結いの娘』
『神様ごっこ』

落ちぶれた小説家、自転車通学する高校生、
新人美容師、寺の小坊主、少年の姿をしたアンドロイド。
彼らに訪れた小さな出会いとは――。
『熱帯魚は雪に焦がれる』の萩埜まことが
コミック誌「青騎士」で発表した5つの短編作品を収録。

遥か未来、遥か宇宙を旅する一体のアンドロイド。
彼の目的は「ゴースト」を探すこと。
かつて地球と呼ばれた惑星で高度な文明を築いていた
とある生命体の「ゴースト」を。
――『どこかの星のふたり』

そのほか以下4篇を収録。
『窓辺のリノア』
『波よりもおだやかで、雲よりも速く』
『髪結いの娘』
『神様ごっこ』

落ちぶれた小説家、自転車通学する高校生、
新人美容師、寺の小坊主、少年の姿をしたアンドロイド。
彼らに訪れた小さな出会いとは――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「萩埜まこと短編集 どこかの星のふたり」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 短編集。どれもがさわやかさを感じる逸品だった。 短編集。どれもがさわやかさを感じる逸品だった。
    へ~ジック
    2023年09月26日
    2人がナイス!しています
  • 落ちぶれた小説化と自由な少女、寺の小坊主とくたびれた男など、ふとした出会いで生まれる温かな5つの物語。どの話も優しい気持ちになれる短編集でした。新人美容師の復讐の話が特に良かったですね。 落ちぶれた小説化と自由な少女、寺の小坊主とくたびれた男など、ふとした出会いで生まれる温かな5つの物語。どの話も優しい気持ちになれる短編集でした。新人美容師の復讐の話が特に良かったですね。
    半熟タマゴ@コミック
    2022年12月29日
    2人がナイス!しています
  • 読み終わっての今更だけど、これ全部青騎士作品だったのね。 でも、編集はマオウなのか。「熱帯魚は雪に焦がれる」より前の作品もあるのかなと思っていたけど、掲載時期から判断すると後なのかな? 読み終わっての今更だけど、これ全部青騎士作品だったのね。 でも、編集はマオウなのか。「熱帯魚は雪に焦がれる」より前の作品もあるのかなと思っていたけど、掲載時期から判断すると後なのかな?
    こすけ
    2023年01月06日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品