未来からの脱出 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年07月21日
商品形態:
電子書籍

未来からの脱出

  • 著者 小林 泰三
発売日:
2022年07月21日
商品形態:
電子書籍

『アリス殺し』の鬼才が仕掛ける、予測不能の脱獄SFミステリ!

鬱蒼とした森に覆われた謎の施設で、何不自由ない生活を送っていたサブロウ。
ある日彼は、自分が何者であるかの記憶すらないことに気づく。
監獄のような施設からの脱出は事実上不可能、奇妙な職員は対話もできず、どこか不気味なロボットのようで……。
サブロウは諜報担当のエリザ、戦略家のドック、メカニックのミッチと協力し脱出計画を立ち上げる。
脱走劇の末に彼が直面する、驚愕の真実とは?
鬼才・小林泰三の遺作となった脱獄SFミステリ。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「未来からの脱出」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 小林泰三の脱獄SFミステリ。やっぱり小林泰三のSFはいい。記憶がなく、施設から出ることも叶わず、日記に残された暗号に謎の”協力者”の影、小さな驚きと大きな謎で読む者を惹きつける序盤。各方面に特化した仲 小林泰三の脱獄SFミステリ。やっぱり小林泰三のSFはいい。記憶がなく、施設から出ることも叶わず、日記に残された暗号に謎の”協力者”の影、小さな驚きと大きな謎で読む者を惹きつける序盤。各方面に特化した仲間たちと計画をたて、命懸けの脱出劇を繰り広げるスリリングな中盤。意外な真相とスピード感ある展開にラストまでノンストップで読ませる終盤。堪らねえ。プロローグとエピローグの繋がりもサブタイトル込みでめちゃくちゃよかった。ある種、らしくない結末も好き。いつまでも一番好きな作家です。『記憶破断者』もまた読みたいなあ。 …続きを読む
    nil
    2022年08月07日
    11人がナイス!しています
  • 『一歩でも先に進むんだ。それが未来への唯一の道だ』長寿化が進んだとある未来。四方を森に囲まれ施設で優秀なスタッフの下、なに不自由なく穏やかに暮らす老人たち。ふと、自分の日記に織り込まれた暗号から好奇心 『一歩でも先に進むんだ。それが未来への唯一の道だ』長寿化が進んだとある未来。四方を森に囲まれ施設で優秀なスタッフの下、なに不自由なく穏やかに暮らす老人たち。ふと、自分の日記に織り込まれた暗号から好奇心を刺激され、森の外にあるであろう『自由』へ脱出を決意し車椅子を動かす百歳の男だが。現実である『終の棲家としての高齢者介護施設』をSF的視座で分解再解釈した脱出SF。足腰も記憶力も弱い彼らもSFの主役になれる。幸せとは自分から幸せと思う事である。序盤の一言が最後の最後に全体のテーマとして効いてくるのは上手いな。 …続きを読む
    うさみP
    2022年07月23日
    8人がナイス!しています
  • 監獄のような謎の施設「サンクチュアリ」。一体、どんな経緯で自分はここにいるのか。記憶がないのは何故なのか。次々と湧き起こる疑問を払拭するため、サブロウは三人の仲間とともに施設からの脱出を試みる。失敗を 監獄のような謎の施設「サンクチュアリ」。一体、どんな経緯で自分はここにいるのか。記憶がないのは何故なのか。次々と湧き起こる疑問を払拭するため、サブロウは三人の仲間とともに施設からの脱出を試みる。失敗を繰り返す度に記憶はリセットされるが、「協力者」からの暗号により記憶を取り戻し何度でも脱走を繰り返し続けていく…。そして遂に脱走に成功したサブロウが外の世界で知ることになったこの世界の真実とは?角川ホラー文庫なのにホラー要素は殆どない。全編がゲームの中の世界のような、疾走感抜群のSF×脱出ゲーム風エンタメ小説! …続きを読む
    KDS
    2022年07月30日
    5人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品