ギルド最強VSクールな受付嬢 あなたを攻略できるクエストはありますか?

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年07月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784040746098

ギルド最強VSクールな受付嬢 あなたを攻略できるクエストはありますか?

  • 著者 木の芽
  • イラスト そらしま
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年07月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
312
ISBN:
9784040746098

超難度SSS級クエスト! 初恋のあの人を攻略せよ!!

「アリサさん、俺とデートしましょう!!」「お断りします!」
 圧倒的クエスト受注数と驚異の達成率100%でギルド《最強》を誇る少年・レイジ。そんな彼が唯一攻略できずにいる存在、それは――ギルドの高嶺の花・受付嬢のアリサさん。
 レイジの熱烈アタックを華麗にスルーし、その想いを頑なに拒否するアリサ。実は、かつてレイジと同じ冒険者だった彼女の心には、恋より先に倒さねばならない仇敵の存在があり……。
「そんな奴、俺がぶっ飛ばしてやりますよ!!」
 アリサのため、《最強》の真価を問われるレイジ。そんな彼の姿に、難攻不落なアリサの心も少しずつデレていく!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

【第一章】 貴女を攻略できるクエストはありますか?
Quest-1 氷結の冷嬢
Quest-2 限定発注・裏クエスト
Quest-3 ぼっちウィッチ
Quest-4 俺たちの帰る場所
Quest-5 仲間という存在
Quest-6 私が、私であるために
Quest-7 あなたの隣にいたいから

【第二章】 貴方を攻略できるクエストはありますか?
Quest-8 龍神祭
Quest-9 奇跡のデート
Quest-10 因縁
Quest-11 過去から未来へ
Quest-12 いいえ、これはきっと私のもの

メディアミックス情報

NEWS

「ギルド最強VSクールな受付嬢 あなたを攻略できるクエストはありますか?」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ツレない女性への熱烈なアプローチというのは中々難しいものがある。 嫌がる女性にグイグイ行ってしまうと不快感が強まってしまう。そこで場所と時を選んで、女性側が罵倒で締める。この強弱でラブコメするのはオー ツレない女性への熱烈なアプローチというのは中々難しいものがある。 嫌がる女性にグイグイ行ってしまうと不快感が強まってしまう。そこで場所と時を選んで、女性側が罵倒で締める。この強弱でラブコメするのはオーソドックスだけど易しくて、富士見っぽさがある。 単巻でタイトルに決着がつくし、構成も一本道で読みやすい。が、話の流れがシンプルすぎて、他の要素が寄り道程度にしかなってない所がある。 結構二人の関係は多様な面があるので、もっとグリグリ動かしてもよかった気がする。キャラの会話がもっとハジケテ欲しかった。 …続きを読む
    のれん
    2022年07月21日
    16人がナイス!しています
  • 読了 異世界ラブコメ増えてきましたね。元Sランク冒険者で現受付嬢のアリサに現ギルド最強のレイジがひたすらに一途な愛を貫くラブコメ。子供の頃にレイジがアリサに救われて一目惚れそして、指導を願い師弟に。 読了 異世界ラブコメ増えてきましたね。元Sランク冒険者で現受付嬢のアリサに現ギルド最強のレイジがひたすらに一途な愛を貫くラブコメ。子供の頃にレイジがアリサに救われて一目惚れそして、指導を願い師弟に。 異世界ラブコメはタイトルで分かってましたが、師弟ラブコメになるとは思ってなかったので新鮮さを味わえました。レイジは言動が変態的な事も多いけど心根は一貫してアリサを大切に思っているのが伝わって応援したくなりました。アリサは過去と復讐に縛られながら距離を取ろうとしてそれでも元弟子の愛に揺らされ続ける。 …続きを読む
    凜音
    2022年07月31日
    7人がナイス!しています
  • 面白かった。いやーこれはまたウザくて一途な主人公(誉め言葉)ですなあ。とある事情で主人公に対して冷たい態度をとり続けるギルドの受付嬢をどうデレさせるかという話でしたが、所々でウザさを感じながらもここま 面白かった。いやーこれはまたウザくて一途な主人公(誉め言葉)ですなあ。とある事情で主人公に対して冷たい態度をとり続けるギルドの受付嬢をどうデレさせるかという話でしたが、所々でウザさを感じながらもここまで一途に思い続けてもらえれば、ヒロインの側も本望といったものでしょう。なんだかんだで積み残しはあったものの、最終的には落ちるところに落ちたので、めでたしめでたしでいいのではないでしょうか。重い作品が続くとこういう軽い作品は読んでいて楽しいですね。 …続きを読む
    尚侍
    2022年07月29日
    7人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品