試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年05月25日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
266
ISBN:
9784047370777

緑の歌 - 収集群風 - 上

  • 著者 高 妍
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年05月25日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
266
ISBN:
9784047370777

上・下巻【日本&台湾】同時発売。台湾から奏でる、国境を越えた愛の歌。

ねえ「細野」さん、ぼくらの歌が異国の少女の「イヤフォン」を通して、繊細な「孤独」を抱きしめたら。それって「素敵」だよね?
ーー松本隆(作詞家)


“好き”の気持ちに、国境はない。

はっぴいえんど『風をあつめて』。
村上春樹『海辺のカフカ』『ノルウェイの森』。
岩井俊二『リリイ・シュシュのすべて』。
ゆらゆら帝国『バンドをやってる友達』。

台湾・台北で暮らす少女・緑(リュ)は、
日本の文化を通じて新しい世界と出逢う。
見たことのない景色。初めての感情。
そして不思議な少年と夢に。
まるで、風に吹かれるように。
これは音楽を愛し、
物語に救われたひとりの少女と、あなたの物語。

『猫を棄てる 父親について語るとき』(著・村上春樹)で、
装・挿絵を担当した台湾在住の漫画家が贈る、初連載作品。

世界が私を待ってる。
初めての物語、初めての音、初めての夢が、
私と出逢う、その時を。


「聴こえてきたのは『風をあつめて』のメロディだったーー」


●コミックビーム 公式ツイッター●
@COMIC_BEAM

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第1話:風をあつめて
第2話:海辺のカフカ
第3話:人工衛星
第4話:I Saw You, A Little Bit
第5話:恋は桃色
第6話:Her November Diary

メディアミックス情報

NEWS

「緑の歌 - 収集群風 - 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 台湾と日本で活動されている漫画家・イラストレーターさんとのこと。日本の漫画にはあまり見ないタッチの絵柄に惹かれて購入。人物の造形や表情がとても繊細で、日本のものではない風景やコマ割り、モノローグも含め 台湾と日本で活動されている漫画家・イラストレーターさんとのこと。日本の漫画にはあまり見ないタッチの絵柄に惹かれて購入。人物の造形や表情がとても繊細で、日本のものではない風景やコマ割り、モノローグも含めて、まるで実写映画を観ているかのような錯覚に陥る。高校時代に海岸で目撃した男性の姿が夢に出てきてうなされたり、大学の授業をサボりがちで好きな小説も書けずにいたりと停滞していた緑(リュ)が南峻(ナンジュン)と知り会い、また彼がきっかけで再開したアルバムの曲に突き動かされて行動を起こしていく様子が何とも青春。 …続きを読む
    baboocon1982
    2022年05月24日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品