あわのまにまに

あわのまにまに

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

作品特設サイト
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2023年02月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041121566

あわのまにまに

  • 著者 吉川 トリコ
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2023年02月22日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
320
ISBN:
9784041121566

どれだけの秘密が、この家族には眠っているんだろう――

どれだけの秘密が、この家族には眠っているんだろう――
「好きな人とずっといっしょにいるために」、あのとき、あの人は何をした?
2029年から1979年まで10年刻みでさかのぼりながら明かされる、ある家族たちをとりまく真実。

2029年、韓国からきた兄の家出、おばあちゃんのお通夜で通常運転のママ。2019年、クルーズ船で一緒になった夫婦と年若の青年。2009年、クリスマスの夜のダイヤの指輪、1999年、ノストラダムス後も終わらない世界で「ママは、パパが死ぬのを待ってたんじゃないか」と言った幼なじみ。1989年、親友からその亭主の死を知らせる電話。1979年、おなかの中の三ヶ月になる命。

生き方、愛、家族をめぐる、「ふつう」が揺らぐ逆クロニクル・サスペンス。



〈世相をえぐり取る全6章〉
1 二〇二九年のごみ屋敷
2 二〇一九年のクルーズ船
3 二〇〇九年のロシアンルーレット
4 一九九九年の海の家
5 一九八九年のお葬式
6 一九七九年の子どもたち
どれだけの秘密が、この家族には眠っているんだろう――
「好きな人とずっといっしょにいるために」、あのとき、あの人は何をした?
2029年から1979年まで10年刻みでさかのぼりながら明かされる、ある家族たちをとりまく真実。

2029年、韓国からきた兄の家出、おばあちゃんのお通夜で通常運転のママ。2019年、クルーズ船で一緒になった夫婦と年若の青年。2009年、クリスマスの夜のダイヤの指輪、1999年、ノストラダムス後も終わらない世界で「ママは、パパが死ぬのを待ってたんじゃないか」と言った幼なじみ。1989年、親友からその亭主の死を知らせる電話。1979年、おなかの中の三ヶ月になる命。

生き方、愛、家族をめぐる、「ふつう」が揺らぐ逆クロニクル・サスペンス。



〈世相をえぐり取る全6章〉
1 二〇二九年のごみ屋敷
2 二〇一九年のクルーズ船
3 二〇〇九年のロシアンルーレット
4 一九九九年の海の家
5 一九八九年のお葬式
6 一九七九年の子どもたち

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

〈ある家族たちの軌跡をたどる全6章〉

1 二〇二九年のごみ屋敷
――二十三歳上の兄は、十八歳のとき日本国籍を選んで韓国からやってきた。おばあちゃんのお通夜でも、ママは通常通り。うすうす気づいていた。うちの家族はふつうとはちがう。

2 二〇一九年のクルーズ船
――クルーズ船で一緒になった、私たちの子どもと言っていいぐらいの年齢の夫婦。新婚旅行だというのに、さらにもうひとまわりもふたまわりも年若の青年が同行していた。

3 二〇〇九年のロシアンルーレット
――うちのおねえちゃんは変わってる。クリスマスの夜遅くに帰ってきて、ダイヤモンドの指輪を餃子で包んで食べようとするぐらい。そして私もおねえちゃんも、ママの掌の上で踊らされている。

4 一九九九年の海の家
――ノストラダムスなんてあるわけないって思ってはいたけど、ほんとに世界は終わらなかった。海の家でバイト中、幼なじみの彼女は「ママは、パパが死ぬのを待ってたんじゃないか」と言った。

5 一九八九年のお葬式
――「あの人、死んだって」。親友から、その亭主の死を知らせる電話があったのは日付の変わるころだった。職場で出会い、結婚も出産も同じ年の親友。姉妹のようになんでも分けあった。

6 一九七九年の子どもたち
――シャネルが死んだ年に、私たちは出会った。彼女が結婚するなら私も結婚するし、彼女が子どもを産むなら私も子どもを産む。そう決まっているから、そうしなければならないことだった。

『あわのまにまに』特設サイト



カドブン記事一覧

【2023年12月05日】2023年が終わる前に、絶対に読んでおきたい小説6選【2023年KADOKAWA文芸書話題作まとめ】


【2023年03月26日】当たり前ってなんだろう?「“ふつう”を問い直す小説5選」


【2023年03月17日】家族の歴史に埋め込まれた、いくつもの謎――吉川トリコ『あわのまにまに』レビュー【評者:瀧井朝世】


「あわのまにまに」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 吉川トリコは初読。この本を読むまでは名前も知らなかったのだが、これまでに既にかなりな著作があるようだ。さて、本書だが、最初はライトノヴェルかと思ったが、どうやらそうではなさそうだ。純文学の範疇に入れよ 吉川トリコは初読。この本を読むまでは名前も知らなかったのだが、これまでに既にかなりな著作があるようだ。さて、本書だが、最初はライトノヴェルかと思ったが、どうやらそうではなさそうだ。純文学の範疇に入れようか、エンターテインメントに分類しようか迷うような文体と位置づけである。6つの短篇が10年ごとに遡る形で描かれ、トータルには長編となる構成。全体としては、この女系家族の来歴が語られるのだが、時間軸を逆にしたことの効果がはたしてあったかは疑問である。しかも、語りとしては冒頭の木綿(小学校3年生)のものが⇒ …続きを読む
    ヴェネツィア
    2024年03月17日
    334人がナイス!しています
  • 益子いのりという不可解で奇天烈な女性を軸に、「逆」年代記で家族の歴史を遡り、埋め込まれた謎が紐解かれていく。家族という共同体が孕む因果とも思える事実、家族故に秘匿された不可触の真実。10年毎に語り手を変 益子いのりという不可解で奇天烈な女性を軸に、「逆」年代記で家族の歴史を遡り、埋め込まれた謎が紐解かれていく。家族という共同体が孕む因果とも思える事実、家族故に秘匿された不可触の真実。10年毎に語り手を変え、現在の因が齎す未来の果を、別視点から逆再生し辿る絶妙の間。あえてすべてを語らず、泡沫の如く意識の外に消えていった空白の間こそが読み手の想像を掻き立て、登場人物の迷いや苦しみ、葛藤や悲しみを雄弁に物語り始める。独特の時間に支配された読書時間の後、いのりの真実を知るのは読者のみと気づき、再び作品と溶け合う。 …続きを読む
    hiace9000
    2023年05月29日
    171人がナイス!しています
  • 人は必ずしも「正しく」は生きられない。自分に嘘はつけないし、心ほど制御不能なものは無いのだから。私だって、そう。どんなに頑張っても「正しく」は生きられないし、家族や友人に自分の全てを開示してはいない。 人は必ずしも「正しく」は生きられない。自分に嘘はつけないし、心ほど制御不能なものは無いのだから。私だって、そう。どんなに頑張っても「正しく」は生きられないし、家族や友人に自分の全てを開示してはいない。理性では分かっていても選ばずにはいられなかった生き方も、ひとつの人生。その結果、墓場まで持っていく秘密を抱える事になったとしても。これは、ある家族についての物語。10年刻みで過去へ過去へと遡り、その家族にとって重要な事実を読者に明かしてゆく。けれど作者はその全てを語らず、空白という謎めきを残す。その心憎さよ。 …続きを読む
    風眠
    2023年05月01日
    166人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品