試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784041120668

島津豊久 忠義の闘将

  • 著者 近衛 龍春
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年11月20日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
544
ISBN:
9784041120668

関ヶ原の戦いで、もっとも人々の胸に刻まれた武将、その名は島津豊久。

慶長5年(1600年)、東軍優勢の関ヶ原の戦いで退路を断たれた島津勢は、絶体絶命の窮地にあった。もはや敵陣突破のみが最後の手段となった時、その先鋒に立つ男がいた。その武者の名は、島津中務大輔豊久。佐土原城主・島津家久の子として生まれ、元服前の13歳に沖田畷の戦いで初陣を飾った若武者は、島津を守るため、苛烈な戦場に身を置く運命を選ぶ。知られざる戦国の英傑の半生を描いた、著者渾身の長篇歴史小説。


目 次

第一章 沖田畷の戦い

第二章 戸次川の戦い

第三章 豊臣決戦

第四章 直臣の代償

第五章 朝鮮出兵

第六章 再び地獄へ

第七章 内乱から天下争乱

第せ章 止むに止まれず

第九章 二ノ備え

第十章 島津の退き口

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「島津豊久 忠義の闘将」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 島津家がどうやって残っていったか、これはなかなか凄まじいドラマだと思う。秀吉、家康との間をうまくわたり歩き、家を守り切ったしたたかさ、粘り強さ。そこから明治維新までつながるのかと思うと感慨深いものがあ 島津家がどうやって残っていったか、これはなかなか凄まじいドラマだと思う。秀吉、家康との間をうまくわたり歩き、家を守り切ったしたたかさ、粘り強さ。そこから明治維新までつながるのかと思うと感慨深いものがある …続きを読む
    西
    2022年06月26日
    12人がナイス!しています
  • 戦国末期の島津家というとどうしても島津義弘が頭に浮かぶが、その甥にして数々の戦場を駆け抜けた豊久 関ヶ原の退き戦で、薩摩島津家を残すためには義弘を薩摩に帰らせることこそ必要と見極め、身を棄てる覚悟で戦 戦国末期の島津家というとどうしても島津義弘が頭に浮かぶが、その甥にして数々の戦場を駆け抜けた豊久 関ヶ原の退き戦で、薩摩島津家を残すためには義弘を薩摩に帰らせることこそ必要と見極め、身を棄てる覚悟で戦場に残り、散華した彼がいなければ、幕末に島津家が大きな役割を果たすこともなかったのかもしれない 死して歴史を作った知られざる名将の鮮烈な物語だった …続きを読む
    HaruNuevo
    2021年12月16日
    7人がナイス!しています
  • 島津家の内情が詳しく書かれていて楽しめた。 島津義久は死に場所を誤り鬱屈し、家久、歳久は不慮の死を遂げた。 島津家の内情が詳しく書かれていて楽しめた。 島津義久は死に場所を誤り鬱屈し、家久、歳久は不慮の死を遂げた。
    スプリント
    2022年02月01日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品