闇の聖域

闇の聖域

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年11月02日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041120651

闇の聖域

  • 著者 佐々木 譲
  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2022年11月02日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
368
ISBN:
9784041120651

満洲に渡った警察官は猟奇殺人を追い、運命に抗う画家は最後の恋に生きる。

警視庁を退職して満洲・大連警察署特務巡査となった河村修平は、初勤務早々、殺人事件の捜査に携わる。被害者男性の首には頸動脈を狙ったような傷があり、修平は東京で起こった殺人事件との類似に気づく。一方、新進画家の中村小夜は街で偶然出会った青年ルカへの想いを深めてゆくが、彼には一族にまつわる秘密があった。やがて小夜は警察が事件の容疑者としてルカを追っていることを知る。
ただならぬ予感に満ちた圧巻のサスペンス×ロマンス長篇。
警視庁を退職して満洲・大連警察署特務巡査となった河村修平は、初勤務早々、殺人事件の捜査に携わる。被害者男性の首には頸動脈を狙ったような傷があり、修平は東京で起こった殺人事件との類似に気づく。一方、新進画家の中村小夜は街で偶然出会った青年ルカへの想いを深めてゆくが、彼には一族にまつわる秘密があった。やがて小夜は警察が事件の容疑者としてルカを追っていることを知る。
ただならぬ予感に満ちた圧巻のサスペンス×ロマンス長篇。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

「闇の聖域」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 佐々木 譲は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、戦前のスパイ映画の様なラブミステリ・ヴァンパイアファンタジーでした。続編もありそうなエンディングです。著者が現代モノのミステリを書かないの 佐々木 譲は、新作をコンスタントに読んでいる作家です。本書は、戦前のスパイ映画の様なラブミステリ・ヴァンパイアファンタジーでした。続編もありそうなエンディングです。著者が現代モノのミステリを書かないのは、何か理由があるのでしょうか❓ https://www.kadokawa.co.jp/product/322108000243/ …続きを読む
    starbro
    2022年11月19日
    187人がナイス!しています
  • 最近、満洲国が舞台のミステリが相次いでいる。骨太な警察小説の名手も挑戦かと思ったが、どうも様子がおかしい。一応は警視庁刑事から大連警察へ転職した河村が主役だが、主軸となる関東軍絡みの連続殺人事件に迫力 最近、満洲国が舞台のミステリが相次いでいる。骨太な警察小説の名手も挑戦かと思ったが、どうも様子がおかしい。一応は警視庁刑事から大連警察へ転職した河村が主役だが、主軸となる関東軍絡みの連続殺人事件に迫力がなく淡々と捜査が進むばかり。病弱な日本人少女と謎の外国人男性の交流も、著者の不得意な恋愛描写は却って興趣をそぐ。そして最後は超自然モンスターが出現するのはいただけない。『エトロフ発緊急電』や『警官の血』に見られた、事実が匂い立つドラマの裏側を抉り出す面白さがまるで感じられない。残念ながら悪い意味で期待外れ。 …続きを読む
    パトラッシュ
    2023年01月22日
    133人がナイス!しています
  • 最近の佐々木さんの作品の傾向に似た一冊だった。時代は日中戦争開戦直前の満州、大連。まず警視庁から大連警察署に赴任した河村修平という刑事が登場する。赴任早々、大連駅の操車場付近で殺人事件が発生、修平は高 最近の佐々木さんの作品の傾向に似た一冊だった。時代は日中戦争開戦直前の満州、大連。まず警視庁から大連警察署に赴任した河村修平という刑事が登場する。赴任早々、大連駅の操車場付近で殺人事件が発生、修平は高安巡査部長と共に捜査にあたる事になる。そんな最中に相次いで第二の事件が発生する。一方でもう一人の主役の中村小夜が路面電車を降りようとした時、ロシア人とおぼしき白人青年とささやかな交流が生まれる。この二つの話が時に交わり進行してゆく。物語としてはまぁまぁ面白いが、登場人物の魅力に欠けている気がした。 …続きを読む
    のぶ
    2022年11月16日
    95人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品