試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041120521

まほり 下

  • 著者 高田 大介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041120521

まほりとは?蛇の目紋に秘められた忌まわしき因習が今、明かされる――

主人公裕は、膨大な古文書のデータの中から上州に伝わる子間引きの風習や毛利神社や琴平神社の社名に注目し、資料と格闘する。裕がそこまでするには理由があった。父が決して語らなかった母親の系譜に関する手がかりを見つけるためでもあったのだ。大した成果が得られぬまま、やがて夏も終わりに近づくころ、巣守郷を独自調査していた少年・淳が警察に補導されてしまう。郷に監禁された少女を救おうとする淳と、裕の母親の出自を探す道が交差する時――。宮部みゆき、東雅夫、東えりか、杉江松絶賛の、前代未聞の伝奇ホラーミステリーにして青春ラブストーリー! 感動のラストまで目が離せない、超弩級エンターテインメント。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目 次(下巻)
第十二章 古文書
第十三章 翻刻
第十四章 市子
第十五章 まほり
第十六章 盂蘭盆
第十七章 奪掠
第十せ章 形見
解 説 杉 江 松 恋 

メディアミックス情報

NEWS

「まほり 下」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 言語学者が横溝正史を書こうと思ったらこうなりました、という感じでした。ミステリーではないな。ホラーでした。「まほり」が何を意味するのかは最後に明かされてゾワッとします。「図書館の魔女」風に様々なロジッ 言語学者が横溝正史を書こうと思ったらこうなりました、という感じでした。ミステリーではないな。ホラーでした。「まほり」が何を意味するのかは最後に明かされてゾワッとします。「図書館の魔女」風に様々なロジックが縦横無尽に説明されますが、こんなん要るんか、と読み飛ばすとわからなくなるので注意が必要。漢字だらけの古文書がそのまま引用されているのも当惑しますが、漢字の並びの解釈にも、それなりに意味があります。つまり読むのに時間がかかり、疲れます。でも面白いです。困った本です。 …続きを読む
    すいそ・はいどろ
    2022年01月28日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品