試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041120491

まほり 上

  • 著者 高田 大介
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年01月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784041120491

まほりとは?蛇の目紋に秘められた忌まわしき因習とは?前代未聞の野心作

大学院で社会学研究科を目指して研究を続けている大学四年生の勝山裕。卒研グループの飲み会に誘われた彼は、その際に出た都市伝説に興味をひかれる。上州の村では、二重丸が書かれた紙がいたるところに貼られているというのだ。この蛇の目紋は何を意味するのか? ちょうどその村と出身地が近かった裕は、夏休みの帰郷のついでに調査を始めた。偶然、図書館で司書のバイトをしていた昔なじみの飯山香織と出会い、ともにフィールドワークを始めるが、調査の過程で出会った少年から不穏な噂を聞く。その村では少女が監禁されているというのだ! 謎が謎を呼ぶ。その解明の鍵は古文書に……?下巻へ続く。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

目 次(上巻)
第一章 馬鹿
第二章 説話の変容
第三章 蛇の目
第四章 帰郷
第五章 神楽
第六章 縁起の転倒
第七章 井戸
第八章 戒壇石
第九章 資料館
第十章 巣守郷
第十一章 琴平、毛利

メディアミックス情報

NEWS

「まほり 上」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 群馬で二重丸を描いた紙が村中に張られているという奇妙な場所がある。読み始めた時は都市伝説と奇妙な風習の背後にある村の秘められた闇を探る田舎ホラーが合致したような感じだったが、その後の調査は極めて地味で 群馬で二重丸を描いた紙が村中に張られているという奇妙な場所がある。読み始めた時は都市伝説と奇妙な風習の背後にある村の秘められた闇を探る田舎ホラーが合致したような感じだったが、その後の調査は極めて地味で足が地についたもの。もうちょっとおどろおどろしい物を想像していたけど、これはいわば史学ミステリ、もしくは文献学ミステリといったところか。ただ上巻は学術知識やデーターの集め方、史学の方法論といった学問的なアプローチが主となっていて、思ったのとはちょっと違う感じ。京極ならこの知識が事件の雰囲気高めるのだけど…。 …続きを読む
    HANA
    2022年02月22日
    69人がナイス!しています
  • 寡作な方だが、緻密な知的探求を読ませる力は流石。偶然からルーツを辿り始めた学生・裕。そして山奥で出会った少女を探す淳の道行きが交差する。奥利根という都会から遠くない場所に息づく因習。廃仏毀釈や本地垂迹 寡作な方だが、緻密な知的探求を読ませる力は流石。偶然からルーツを辿り始めた学生・裕。そして山奥で出会った少女を探す淳の道行きが交差する。奥利根という都会から遠くない場所に息づく因習。廃仏毀釈や本地垂迹を解り易く語りながら、語られない(無かった事になっている)歴史を様々な角度から突き詰めていく。裕をサポートする香織の明るさに救われながら、一歩づつ探求を進める物語は個人の非力さを少しずつ乗り越えていく。淳は後半で漸く裕たち助力者を得たが、暴走が心配。“まほり”はまだ一言も語られない謎のワードのまま。 …続きを読む
    眠る山猫屋
    2022年03月19日
    65人がナイス!しています
  • 2000~2010年ぐらいのオカルト板的な雰囲気がいいなぁ。作者の学者気質が出てて、かなり資料を調べたんだろうなぁと感じられます。ただ、かなり難解な言い回し、漢字の使用が多く、読み方や、ニュアンスを確 2000~2010年ぐらいのオカルト板的な雰囲気がいいなぁ。作者の学者気質が出てて、かなり資料を調べたんだろうなぁと感じられます。ただ、かなり難解な言い回し、漢字の使用が多く、読み方や、ニュアンスを確認するために、何度もページを戻る作業が出てきて、結構ストレスを感じます。まぁ、この辺は、高田氏の特徴でもありますが。 ジャンルを気にして読み始めていないので、物語がホラーテイストなのか、ミステリテイストなのかがわかっていないので、今後の展開にワクワクしています。 …続きを読む
    つっちー
    2022年06月01日
    53人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品