目の見えない私が「真っ白な世界」で見つけたこと 全盲の世界を超ポジティブに生きる

目の見えない私が「真っ白な世界」で見つけたこと 全盲の世界を超ポジティブに生きる 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2022年02月02日
商品形態:
電子書籍

目の見えない私が「真っ白な世界」で見つけたこと 全盲の世界を超ポジティブに生きる

  • 著者 浅井 純子
発売日:
2022年02月02日
商品形態:
電子書籍

音声入力で全部書きました!できないことは見ることだけ。可能性は無限大!

音声入力で1冊書き上げました!
Twitter「浅井純子(じゅんじゅん)全盲の世界を超ポジティブに生きる人」で話題、浅井純子さんの初エッセイ!
みんなに知ってほしい、視覚障害者の本音と盲導犬のこと――

パピーウォーカーとしても知られる、俳優・椎名桔平さん推薦!


<目次>
第1部 はじめまして。ポジティブ全盲ウーマン、浅井純子です

「私は病気なの?」/初めてのオペ/感謝の気持ち/心の中の神様/新しい主治医との出会い/拒絶反応/鍼灸やあん摩の国家資格を取りたい/的中した私の予想/ヘルスキーパーとしての会社員生活/デザイナーさんの言葉/真っ白な世界/私が活動的になれた理由/新たな始まり

第2部 「全盲の世界」が教えてくれたこと

・性別、国籍、年齢、すべてがボーダレス
・「執着心」が「不安」を生み出す
・安全をつくる「つぶやき」の力
・全盲が生み出した「五感」の変化
・盲導犬ヴィヴィッドと私のコミュニケーション法
・見えていた頃の習慣はいまも健在
・父が教えてくれた「壁」という安心感
・全盲の私は片づけ名人、そしてミニマリスト
・生活を一変させたiPhoneの登場
・見えないからこそ「継続」できる
・私は見守られて生きている
・やるっきゃない人生を選ぶ
・「全盲」と気づかれない私
・現実を受け入れるためには「時間」も必要
・視覚によって生まれる「悲しみ」の感情
・全盲の世界は真っ暗じゃない
・全盲になると「夢」はどう見えるのか?
・「白杖」=「全盲」ではない
・「朝・昼・夜」はヴィヴィッドが教えてくれる
・私が人の助けを断らない理由
・目が見えなくなって分かったエスカレーターの危険性
・「あっち」「こっち」は「どっち」?
・成功の秘訣は「ゴール」の「妄想」 他

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「目の見えない私が「真っ白な世界」で見つけたこと 全盲の世界を超ポジティブに生きる」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 何度もの角膜移植を経て40歳過ぎに完全失明した著者。勉強が嫌いと呆気らかんに語るが、「めっちゃ」という単語が頻出する「大阪のおばちゃん」的なノリの文章の何と明るいこと。彼女の超ポジティブな考え方に圧倒 何度もの角膜移植を経て40歳過ぎに完全失明した著者。勉強が嫌いと呆気らかんに語るが、「めっちゃ」という単語が頻出する「大阪のおばちゃん」的なノリの文章の何と明るいこと。彼女の超ポジティブな考え方に圧倒されつつ、細やかな感性にホロっとなる。発病後、一番助けてくれなかったのがお母さん。恨んだけれど、甘えない心を教えてくれたと感謝できるのが凄い。白杖の使い方の授業で、上手くできない浅井さんに「あなたは誰にでも声を掛けられるから大丈夫」と合格点をくれた先生の話がいい。帯の「椎名桔平さん推薦」の意味は最後にわかる。 …続きを読む
    trazom
    2022年03月20日
    103人がナイス!しています
  • 著者が45歳で視力を無くすまでの葛藤は想像を絶します。色々な症状を十分経験し視力を失って行くと気がついた時、悲しみより与えられた試練を受け入れる生き方に思考を変えたところが彼女の凄さです。盲導犬との出 著者が45歳で視力を無くすまでの葛藤は想像を絶します。色々な症状を十分経験し視力を失って行くと気がついた時、悲しみより与えられた試練を受け入れる生き方に思考を変えたところが彼女の凄さです。盲導犬との出会いは微笑ましく、世界が白くなったことで大きな気づきと幸せがありました。母校での講演会のスピーカーを終え、担任だった先生と再会。先生は彼女の目が見えなくなったことに驚き「あんたすごい!本当にすごい!」泣きながら褒めてくれました。できないと嘆くよりやるしかない人生。明るく生きる著者から大きな学びを得ました。 …続きを読む
    Nobuko
    2022年04月08日
    91人がナイス!しています
  • 45歳で全盲となった著者・じゅんじゅんが言う『人生のローン』とは、家や車などのお金のことではなく、人生において与えられた試練や課題のこと。この返済に15年かかったと。そして、その方法は『行動』!自分が 45歳で全盲となった著者・じゅんじゅんが言う『人生のローン』とは、家や車などのお金のことではなく、人生において与えられた試練や課題のこと。この返済に15年かかったと。そして、その方法は『行動』!自分がどうしたいか。自分が選んだ道を信じて、行動を起こさなければ何も始まらない。前に進むこと!この一冊で彼女の事を知れる。そして、ウクレレを弾きながら歌を歌う彼女の講演が聞きたくなる✨ …続きを読む
    る*る*る
    2022年03月22日
    18人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品