茉莉花官吏伝 十一 其の才、花と共に発くを争うことなかれ

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年11月15日
判型:
A6変形判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784047368422

茉莉花官吏伝 十一 其の才、花と共に発くを争うことなかれ

  • 著者 石田 リンネ
  • イラスト Izumi
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年11月15日
判型:
A6変形判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784047368422

絶対に失敗する仕事を成功させろ――。難関の傭兵学校に茉莉花が潜入!?

破竹の勢いで手柄を立てる茉莉花が、嫉妬という名の“やっかいごと”に巻き込まれないよう珀陽が次に出した課題は――山に囲まれたバシュルク国への潜入捜査!! 
その首都は難攻不落な城塞都市として知られており、どんな間諜でも手に入れられなかった機密情報を掴むという任務を与えられた茉莉花は、傭兵学校に生徒として潜り込むことになるが!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「茉莉花官吏伝 十一 其の才、花と共に発くを争うことなかれ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 『絶対に失敗する仕事を成功させろ――。』色々と活躍しすぎた茉莉花に珀陽が次に出した課題は、難攻不落な要塞都市として知られてるバシュルク国の首都内側の情報を持ち帰る話。旅の途中で今まで恩を売った国々から 『絶対に失敗する仕事を成功させろ――。』色々と活躍しすぎた茉莉花に珀陽が次に出した課題は、難攻不落な要塞都市として知られてるバシュルク国の首都内側の情報を持ち帰る話。旅の途中で今まで恩を売った国々から戸籍を作ってもらい、赤奏国生まれで官吏を目指していたジャスミンという設定を使い傭兵学校に間諜として潜入捜査。『昨日の自分』が『今日の自分』に勝って、限界のその先へ行くことを決意した茉莉花。今回の潜入捜査で学んだことがさらに茉莉花を成長させる。最初はアシナリシュは茉莉花を間諜として疑っていたけど、次第に彼女の …続きを読む
    皐月
    2022年01月20日
    62人がナイス!しています
  • 破竹の勢いで手柄を立てる茉莉花が、嫉妬という名のやっかいごとに巻き込まれないよう珀陽が次に出した課題。山に囲まれたバシュルク国への潜入捜査を命じられる第十一弾。首都は難攻不落な要塞都市として知られ、ど 破竹の勢いで手柄を立てる茉莉花が、嫉妬という名のやっかいごとに巻き込まれないよう珀陽が次に出した課題。山に囲まれたバシュルク国への潜入捜査を命じられる第十一弾。首都は難攻不落な要塞都市として知られ、どんな間諜でも手に入れられなかった機密情報を掴むという任務を与えられた茉莉花。単独で潜入した傭兵学校に生徒として潜り込んだ彼女が監視を付けられ、目立たたないよう配慮してもめきめきと頭角を現してしまい、その異質ぶりが際立ってしまうあたり仕方ないのかなとも感じましたけど、危機的状況をどう乗り切るのか続巻に期待です。 …続きを読む
    よっち
    2021年12月20日
    33人がナイス!しています
  • 「絶対に失敗する任務」を任された茉莉花。それは傭兵で国を成り立たせているバシュルク国の潜入だった。異国人は外側に、傭兵など国に貢献した人は内側に住んでおり、その内側の情報を、各国は欲しがっていた。白楼 「絶対に失敗する任務」を任された茉莉花。それは傭兵で国を成り立たせているバシュルク国の潜入だった。異国人は外側に、傭兵など国に貢献した人は内側に住んでおり、その内側の情報を、各国は欲しがっていた。白楼国では十年前に、子星がついでにと取ってきた内側の情報があった。それ以降、バシュルク国の情報を取れていないという、誰もが失敗する任務だったが、茉莉花は子星とともに考えたジャスミンの通り行動し、十年間誰も成し遂げなかった傭兵学校への入学を果たした。天才は信仰を得ることが上手いのだと、茉莉花を見て思う。それか、(続 …続きを読む
    かなで
    2021年11月26日
    19人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品