試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041118771

ゴールデン街コーリング

  • 著者 馳 星周
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年12月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
464
ISBN:
9784041118771

「ぼくはゴールデン街が好きで、嫌いだ」

「日本冒険小説協会公認酒場」と銘打ったバー〈マーロウ〉のアルバイト坂本は、本好きが集まるこの店でカウンターに立つ日々を送っていた。北海道の田舎から出てきた坂本にとって、古本屋街を歩き、マーロウで文芸談義できる毎日は充実感をもたらした。一方で、酒に酔った店主・斉藤顕の横暴な言動と酔客の自分勝手な振る舞いには我慢ならない想いも抱えていた。そんなある日、ゴールデン街で放火未遂事件が起こる。親しくしている店の常連「ナベさん」は放火取り締まりのため見回りを始めるが、その矢先、何者かに殺されてしまう。坂本は犯人捜しに立ち上がるが――。ゴールデン街がもっともゴールデン街らしかった時代の、ひりひりする空気を切り取った珠玉の長編!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「ゴールデン街コーリング」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • あの「不夜城」の関連作品?と勝手に思っていたら、作者の青春時代を描いた作品でした。読んでよかったと思わせる内容で登場人物の一人一人が、愛しく思わせる人たちばかりでした。なんか昔、行きつけの飲み屋さんが あの「不夜城」の関連作品?と勝手に思っていたら、作者の青春時代を描いた作品でした。読んでよかったと思わせる内容で登場人物の一人一人が、愛しく思わせる人たちばかりでした。なんか昔、行きつけの飲み屋さんがあった頃を思わせるなぁ。しかし、平井和正のウルフガイシリーズが唐突に出てきたりして、ちょっとビックリ!意外な展開。たぶん押し入れに文庫本があるので、探してみよう! …続きを読む
    ぷにすけ
    2022年05月11日
    18人がナイス!しています
  • 馳星周さんの自伝的青春小説。ワケありの人々が安酒を求めて彷徨っていた80年代のゴールデン街が舞台。ゴールデン街には馴染みがないけれど、20歳前後の若者のヒリヒリした感情が伝わってきて面白かった 馳星周さんの自伝的青春小説。ワケありの人々が安酒を求めて彷徨っていた80年代のゴールデン街が舞台。ゴールデン街には馴染みがないけれど、20歳前後の若者のヒリヒリした感情が伝わってきて面白かった。ただコロナ禍の今読むと、狭い店でぎゅうぎゅうに座って文学談義する描写を、「古き良き時代だなぁ」って他人事のように感じてしまうけれど…(^_^;)。 …続きを読む
    こばゆみ
    2022年02月22日
    11人がナイス!しています
  • 日本冒険小説協会大賞のおかげで船戸与一、北方謙三、志水辰夫などの小説に出会うことができた。関西在住の私はゴールデン街にある『深夜プラス1』に想いを馳せてはいたけれど、結局一度も訪れる機会はなかった。時 日本冒険小説協会大賞のおかげで船戸与一、北方謙三、志水辰夫などの小説に出会うことができた。関西在住の私はゴールデン街にある『深夜プラス1』に想いを馳せてはいたけれど、結局一度も訪れる機会はなかった。時は流れ私も結婚して子供を授かり、時の流れの中で、冒険小説の時代から少し離れてしまった。そんな中、内藤陳さんの訃報をニュースで知った。私はゴールデン街にはいなかったけれど、「あの時代」を共に生きてきたのは間違いない。「あの時代」を生きてきた皆様、これからも『読まずに死ねるか!』 …続きを読む
    トランザム7000
    2022年01月09日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品