試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041118436

迷路の花嫁

  • 著者 横溝 正史
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年10月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
384
ISBN:
9784041118436

没後40年記念復刊! 横溝正史の傑作長編ミステリ!

かけ出しの小説家松原浩三は、ふとしたことからとてつもない恐ろしい事件に巻き込まれていった。暗い夜の町を散策していた彼は、偶然行き会った若い女の異常な様子に不審を抱き、後を追いかけた。だが、通りがかりの警官と共に、女が消えた路地へ踏み込んだ彼は戦慄した! 軒灯にヤモリが這うクモの巣だらけの無気味な家、そして縁側からまっ赤な猫の足跡が続き、血の海と化した座敷には、無数の切り傷から鮮血をしたたらす全裸の女の死体が……。横溝正史の傑作長編推理小説。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

迷路の花嫁
解説 中島河太郎

メディアミックス情報

NEWS

「迷路の花嫁」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 女霊媒師が殺された。死体のまわりには大小、いろさまざまのネコが、いずれも血にそまって蠢いているのだ…。おどろおどろしい事件から始まったのに、いつの間にやら悪者から女性を守る正義の味方の物語に。金田一さ 女霊媒師が殺された。死体のまわりには大小、いろさまざまのネコが、いずれも血にそまって蠢いているのだ…。おどろおどろしい事件から始まったのに、いつの間にやら悪者から女性を守る正義の味方の物語に。金田一さんは申し訳程度にしか出番がなかったけど、その代わりある意味本編の主人公の如く大活躍するヒーローの出現がとっても頼もしく面白かったです(^_^*) …続きを読む
    いっくん
    2022年04月19日
    28人がナイス!しています
  • 金田一耕助シリーズ。金田一耕助の出番はほとんど無く、主人公は小説家・松原浩三。霊媒師が殺されて始まったが、途中からは建部多門とその男に関わった女性たちがどうなっていくのか…。他の作品とはちょっと違う感 金田一耕助シリーズ。金田一耕助の出番はほとんど無く、主人公は小説家・松原浩三。霊媒師が殺されて始まったが、途中からは建部多門とその男に関わった女性たちがどうなっていくのか…。他の作品とはちょっと違う感じでこれはこれで面白かった。 …続きを読む
    coco夏ko10角
    2022年03月18日
    22人がナイス!しています
  • 偶然に行き当たった若い女性の不審な行動に疑問を抱き、彼女が飛び出した屋敷に警官と踏み込むと女性霊媒師・宇賀神薬子が無残な姿で殺害されており、その事件に駆け出しの小説家・松原浩三が挑む金田一もの。金田一 偶然に行き当たった若い女性の不審な行動に疑問を抱き、彼女が飛び出した屋敷に警官と踏み込むと女性霊媒師・宇賀神薬子が無残な姿で殺害されており、その事件に駆け出しの小説家・松原浩三が挑む金田一もの。金田一耕助はほとんど現れず、ことの顛末を見守るかのような立ち位置でいるのが特徴的な本作。捜査が暗礁に乗り上げると薬子の師である建部多門を巡る入り組んだ人間関係と翻弄された女たちの悲喜こもごもに焦点が当てられ、これが事件解決へと結びつくのだから興味深い。勧善懲悪とメロドラマ的な展開の果てのラストは寂しいものがあった。 …続きを読む
    nishiyan
    2022年01月31日
    12人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品