試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年03月30日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
200
ISBN:
9784041117224

夢のあもくん

  • 著者 諸星 大二郎
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年03月30日
判型:
A5判
商品形態:
コミック
ページ数:
200
ISBN:
9784041117224

あもくんの周りは、いつも不気味が溢れている!

毎日の隙間に何かが潜んでいる――何が?
女のサナギ、近づく給水塔、暗い穴、吸血鬼……
あもくんは子供の目で、ちゃんと見ている。
             ――萩尾望都氏、激推し!

全編コミックス初収録! 「あもくん」シリーズ第2弾、7年を経て登場。

近所の散歩道で、自宅の一室で、夢の中で――あもくん一家に、この世ならざるモノが忍び寄る。
日常のふとした隙間から染み出す、ほの暗い闇をユーモアたっぷりに描く。
諧謔と恐怖が奇妙に同居するモロホシワールド全開の一冊!
稗田礼二郎に栞と紙魚子……人気作品のキャラクターの友情(?)出演も!?

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

人形少女
羽毛田君の奥さん
こっちでもへび女はじめました
塀の穴
登山君の遭難
海で呼ぶもの
風の強い日
給水塔
夢のともだち
ムンクの女
回談
しつこい夢
マスク
夢の集会
またまたあもくん
逢魔が時
夢の劇場
あとがき

メディアミックス情報

NEWS

「夢のあもくん」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 実に7年ぶりとなる『あもくん』シリーズの続刊。あもくんの周囲に起こる怪異を数ページの短さで描いた連作集だけれど、侮るなかれ、このシリーズには諸星大二郎の魅力が全て詰まっていると言っても過言ではないのだ 実に7年ぶりとなる『あもくん』シリーズの続刊。あもくんの周囲に起こる怪異を数ページの短さで描いた連作集だけれど、侮るなかれ、このシリーズには諸星大二郎の魅力が全て詰まっていると言っても過言ではないのだ。怪しさはもちろんのこと、その怪しさがちょっとしたことでおかしさになる展開は、まさしく諸星漫画の醍醐味。それでいて、ケラケラ笑っていると、不意にホラーになったりもするのだから油断ならない。稗田礼二郎や栞と紙魚子がゲスト出演しても、まるで違和感がないのも、これがど真ん中の諸星漫画である証しなんだよね。 …続きを読む
    ぐうぐう
    2022年04月24日
    28人がナイス!しています
  • 今回も不気味で不思議にユーモラス。しかも稗田先生に栞と紙魚子まで!ありがとうございます。まさかこの本で爆笑するとは『ムンクの女』楽しかった。 今回も不気味で不思議にユーモラス。しかも稗田先生に栞と紙魚子まで!ありがとうございます。まさかこの本で爆笑するとは『ムンクの女』楽しかった。
    しましまこ
    2022年03月31日
    18人がナイス!しています
  • 夢ではたいてい何かに追われていたりするが、あもくんもあもくんのお父さんも給水塔や奇妙な女性(?)たちやマスク等に追われている。そして少しずつ違えて、というより少しずつ差し迫ってくる感じで、繰り返す。け 夢ではたいてい何かに追われていたりするが、あもくんもあもくんのお父さんも給水塔や奇妙な女性(?)たちやマスク等に追われている。そして少しずつ違えて、というより少しずつ差し迫ってくる感じで、繰り返す。けれども決定的瞬間は避けられ、何かが解明することもない。茜ちゃんの言う「夢は全部真実(ほんとう)なのよ」というのはつまり、理由のなさや辻褄のあわなさ、決定的で大事な瞬間のなさ、そして、唐突に何か(例えば「夢は真実」ということ)を直観すること、それらすべてはほんとうに現実にも起きているということなのだろう。 …続きを読む
    内島菫
    2022年04月24日
    13人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品