試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年09月16日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
120
ISBN:
9784046053664

野生のアイリス

  • 著者 ルイーズ・グリュック
  • 翻訳 野中 美峰
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年09月16日
判型:
B5変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
120
ISBN:
9784046053664

ノーベル文学賞受賞の詩人、ルイーズ・グリュックの傑作、ついに翻訳。

2020年にノーベル文学賞受賞を受賞した詩人、ルイーズ・グリュック。
日本で翻訳版のなかった女性詩人の代表作を対訳(英語の詩も掲載)でお読みいただけます。
原書『The Wild Iris』は1993年にピュリッツァー賞詩部門受賞。花をモチーフにした美しい作品集です。

翻訳は、詩人、エッセイスト、ウィートン大学英文学部准教授の野中美峰氏。
原作の世界観を極限まで再現した流麗な翻訳詩をお愉しみください。

メディアミックス情報

NEWS

「野生のアイリス」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 昨年のノーベル賞受賞時点で邦訳がなかったことを嘆かれていたが、その翌年には立派な翻訳版が出版されているのだから、日本の出版業界もまだまだ捨てたものではないと思わされる。詩集なので対訳は好ましい。しかし 昨年のノーベル賞受賞時点で邦訳がなかったことを嘆かれていたが、その翌年には立派な翻訳版が出版されているのだから、日本の出版業界もまだまだ捨てたものではないと思わされる。詩集なので対訳は好ましい。しかし、日本語訳だけを読んでも素晴らしさは十二分に伝わる。ここ最近は読書に身が入らない日々が続いていたのに、数回ページを捲っただけで呑まれるように夢中になってしまった。およそ詩情というものを持ち合わせていない自分でも、この詩人と作品が広範な影響力を持っていることはすんなり理解できる。とても良かった。 …続きを読む
    ヘラジカ
    2021年09月17日
    52人がナイス!しています
  • 2020年にノーベル文学賞を受賞したアメリカの詩人、ルイーズ・グリュックの第6詩集の対訳版。一読して思うのはエミリー・ディキンスンの詩との関連性であろう。春の朝の祈りから始まり、秋の夕暮れまで静かに時 2020年にノーベル文学賞を受賞したアメリカの詩人、ルイーズ・グリュックの第6詩集の対訳版。一読して思うのはエミリー・ディキンスンの詩との関連性であろう。春の朝の祈りから始まり、秋の夕暮れまで静かに時が流れながら、庭作りをする詩人、庭や野の草花などの自然物、創造主である神それぞれの独白という形式で詩は綴られていく。3者の祈りや思いは嚙み合い通じ合うことなくばらばらであり、それゆえに存在の哀しみが全編を通じて漂っている。流れる時のなかのひと時にどれだけの価値が隠れているのか、詩を読むとすこし気がつかされる。 …続きを読む
    ロビン
    2021年09月16日
    16人がナイス!しています
  • 2020年のノーベル文学賞受賞作家の第六詩集。詩集をぜんぶで十三冊出しているらしい。これが代表作なのかどうかはわからない。家庭菜園の手入れをしながら、神について考えている女の人の詩。 2020年のノーベル文学賞受賞作家の第六詩集。詩集をぜんぶで十三冊出しているらしい。これが代表作なのかどうかはわからない。家庭菜園の手入れをしながら、神について考えている女の人の詩。
    記憶喪失した男
    2021年09月18日
    9人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品