まほろばの鳥居をくぐる者は

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784047366633

まほろばの鳥居をくぐる者は

  • 著者 芦原 瑞祥
  • 装画 遠田 志帆
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年06月30日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784047366633

霊験あらたかな“まほろば”の地、奈良を舞台に繰り広げる現代ファンタジー

神社の娘、宮子の初めての友達は、『幽霊』だった。
幼い頃から“視える”力を持つ宮子にとって、それはごく自然なことだったのだ。
ある日宮子は、母親を凄惨な事件で亡くし、壊れそうな心と向き合うため修験者の弟子となった少年・寛太と出会う。

「あいつは死んでいる。お前ももう、わかっているんだろう?」

寛太に現実を突きつけられた宮子は、この世に未練を残す魂――友達を【あるべき姿】に戻すことを決意するのだった。
以来、互いに“視える”ことで感覚を共有し、“正しく”心を育てる寛太に惹かれていく宮子。
そんななか、寛太の母親を殺した犯人の判決が下される。
宮子は憎しみと後悔で揺れ動く寛太の救いになりたいと願うが、寛太は「女人に触れない」というさらに厳しい戒を己に課してしまい――!?

メディアミックス情報

NEWS

「まほろばの鳥居をくぐる者は」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • “視える力”を持つ神社の娘・宮子と過去に悲惨な事件に巻き込まれた修験者の弟子の少年・寛太は不思議な体験を共にし感化し合いながら成長する。信条や信仰に対する柔軟な考え方で、押し付けがましくない説法もスッ “視える力”を持つ神社の娘・宮子と過去に悲惨な事件に巻き込まれた修験者の弟子の少年・寛太は不思議な体験を共にし感化し合いながら成長する。信条や信仰に対する柔軟な考え方で、押し付けがましくない説法もスッと胸に入ってくる。不穏な最終章はどうなることかとハラハラしたが光射すラストでホッとする。奈良に行きたくなり、神社に参拝したくなった。遠田志帆さん描く表紙は可憐だが芯が強い主人公のイメージにピッタリ。程よい重みがある清々しい良質な現代ファンタジー。 …続きを読む
    ままこ 🍁
    2021年08月16日
    80人がナイス!しています
  • 意外とおもしろかった。神社の娘と修験者の少年。神や仏に関する耳慣れない言葉が少女の口からあたり前のように出てくる。現代の話か?宗教を押しつけがましくない形で語る珍しい本だった。 意外とおもしろかった。神社の娘と修験者の少年。神や仏に関する耳慣れない言葉が少女の口からあたり前のように出てくる。現代の話か?宗教を押しつけがましくない形で語る珍しい本だった。
    まめもやし3
    2021年08月03日
    3人がナイス!しています
  • とにかく一気読みした。奈良の大神神社にお参りに行きたくなった。 神道・仏教のことも主人公宮子の視点で素直に語られるため、小難しくなく、すんなり頭にはいってくる。それにしても、前半から後半、変化してゆく とにかく一気読みした。奈良の大神神社にお参りに行きたくなった。 神道・仏教のことも主人公宮子の視点で素直に語られるため、小難しくなく、すんなり頭にはいってくる。それにしても、前半から後半、変化してゆく寛太との関係性で胸が熱くなった。希望が持てるラストで読後感がとてもよかった。あと、妙に印象深いエピソードが2つ。炊飯器の釜を冷えてから水につける。お弁当に入れる煮物の汁がしみないようにとろろ昆布を下にひくこと。 …続きを読む
    まなか
    2021年07月23日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品