弓を引く人 電子版

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年11月20日
商品形態:
電子書籍

弓を引く人

  • 著者 パウロ・コエーリョ
  • 共訳 山川 紘矢
  • 共訳 山川 亜希子
発売日:
2021年11月20日
商品形態:
電子書籍

『アルケミスト』のパウロ・コエーリョが贈る、人生を実り豊かにする教え

【『アルケミスト』の著者、パウロ・コエーリョが贈る「人生を実り豊かにする」教え】

この国で最高の弓の達人である哲也は、現在、小さな村の普通の大工として生きていたが、
ある日、遠い国から来た別の弓の達人から挑戦を受けた。
哲也はこの挑戦を受けることによって、その弓の達人だけでなく、村の少年にも弓の真髄を
教えるのであった――。


「矢は一本一本、異なる飛び方で飛翔する。
 あなたは何千本という矢を射ることができるが、
 その一本一本が異なる軌跡を描いて飛んでゆく。
 それが弓の道なのだ。」


プロローグ
仲間たち



姿勢
矢の持ち方
弓の握り方
弓の引き方
的を見る
矢を放つ瞬間
繰り返し
的に向かって飛翔する矢を見る
弓も矢も的も持たない射手
エピローグ

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

メディアミックス情報

NEWS

「弓を引く人」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 弓道の達人が、村の少年に「弓の道」を教えるという設定の話。その語られる言葉たちが、もう、一つ一つ美しくて感激してしまった。私は、いつの間にか静謐な弓道場にいる。正座をして、師の言葉に耳を傾けている。「 弓道の達人が、村の少年に「弓の道」を教えるという設定の話。その語られる言葉たちが、もう、一つ一つ美しくて感激してしまった。私は、いつの間にか静謐な弓道場にいる。正座をして、師の言葉に耳を傾けている。「弓を引き絞る、正しい呼吸をする、的に集中する、自分の意志を明確にする、姿勢を優雅に保つ、的を敬う。弓の道は人間のどの活動の中にも存在する。」「茶道」や「武士道」など、「道」を極めることは大変難しい。しかし、極められた技・所作・言葉等は、その極めることの難しさゆえに、いつまでも美しく輝いている。 …続きを読む
    いこ
    2022年05月03日
    99人がナイス!しています
  • 読みながら姿勢を正す。弓道と求道は、極めて近い。弓弦、矢羽根、大気を振動させ生じる清澄な音色が導く心の行方。対象を敬い、弓を引き絞り、全身全霊で矢を放つ。鍛錬と魂の有り様が凝固するその瞬間。砂色の地に 読みながら姿勢を正す。弓道と求道は、極めて近い。弓弦、矢羽根、大気を振動させ生じる清澄な音色が導く心の行方。対象を敬い、弓を引き絞り、全身全霊で矢を放つ。鍛錬と魂の有り様が凝固するその瞬間。砂色の地に、黄土色、白と墨。簡素で端正な装画に惹かれ手に取った本。美しいことばの矢が、読者の胸に深々と刺さり、生きる喜びと畏れが、泉のようにこんこんと湧きだす。 …続きを読む
    けろりん
    2022年04月30日
    64人がナイス!しています
  • 「弓の道」とは社会生活から離れて行う大仰なものではない。日々の暮らしの中に潜んでいる。技の習得も大事だが、そこに囚われるとより大事なものを見落とす。禅における「悟り」の捉え方と似ている気がした。書店や 「弓の道」とは社会生活から離れて行う大仰なものではない。日々の暮らしの中に潜んでいる。技の習得も大事だが、そこに囚われるとより大事なものを見落とす。禅における「悟り」の捉え方と似ている気がした。書店やスーパーのレジ打ちがそうであるように、繰り返すことの内容は実は一回ごとに全て異なっている。本を読み、文章を書く行為もまた同じ。正しい動作をしたのなら失敗を恐れずに矢を放つ。放ち続ける。的を外したら次はどうしたらいいかを学ぶ。もし自分が的ならどんな矢に射貫かれたいかと考える。射手の熱意が的の存在に意味を与える。 …続きを読む
    Y2K☮
    2022年01月21日
    36人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品