試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月24日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
196
ISBN:
9784041113998

僕のジェミニ

  • 著者 森川 侑
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月24日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
196
ISBN:
9784041113998

あの時死んでしまったのは…どっち?その真実に涙する―――。

赤毛でそばかすで地味めなジョン。唯一の自慢は学園の人気者の双子・ジキルとハイドの親友であること。双子はいつも互いのフリをして遊んでいたが、突然双子の片割れが亡くなってしまう。残されたのは…どっち!?

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「僕のジェミニ」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 私はこの人が描く優しいまた少し妖しさがある人物が好きです。 可愛らしい子供達を見てると癒されます。 私はこの人が描く優しいまた少し妖しさがある人物が好きです。 可愛らしい子供達を見てると癒されます。
    真朝
    2021年07月27日
    10人がナイス!しています
  • 哀しいんだけど美しい物語でした。 哀しいんだけど美しい物語でした。
    真朝
    2021年06月04日
    10人がナイス!しています
  • 美しい双子と、その親友のジョン。彼らが三人でいた時間は本当にとても楽しそうで、あの満天の星空も三人でみることができていたらなと寂しくなってしまった。ジキルがハイドとして生きていくと決めたことは、心を守 美しい双子と、その親友のジョン。彼らが三人でいた時間は本当にとても楽しそうで、あの満天の星空も三人でみることができていたらなと寂しくなってしまった。ジキルがハイドとして生きていくと決めたことは、心を守るためでもあるだろうし、何よりやっぱり二人一緒じゃないとダメなんだろう。その決断を受け入れたジョンは、とても優しい子だなと思う。双子ならではの劣等感とか、ジョンの居場所がうまくつくれないとか、キラキラとの対比もよかった。これから二人がロシュとベンジャミンとも親しくなっていけるといいな。本も内容も美しかった。 …続きを読む
    夢現
    2021年04月29日
    8人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品