試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2022年02月18日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041113899

彼女の背中を押したのは

  • 著者 宮西 真冬
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2022年02月18日
判型:
四六変形判
商品形態:
単行本
ページ数:
288
ISBN:
9784041113899

使えないやつは、生きてちゃダメですか?

書店に勤めていた妹が、ビルから飛び降りた。相談したいことがあるとメールをしてきたその日に。結婚と同時に上京し平穏に暮らしていた姉・梢子は、妹に何があったのかを探るため、地元に戻り同僚たちに会いに行く。妹を追い詰めたものは何なのか? 母の過剰な期待と父の無関心、同僚からぶつけられた心ない言葉、思うようにいかない恋愛……。妹の過去を辿ることは、梢子自身の傷に向き合うことでもあって――。

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 聞かなかった相談は
第二章 ぶつけられた一言が
第三章 ヒーローはどこに
第四章 答えはすぐそこまで
第五章 彼女が背中を押したのは

著者・宮西真冬のインタビュー記事はこちら(カドブン)


メディアミックス情報

NEWS

「彼女の背中を押したのは」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ここのどこかに私がいた。全部では無い。だが、確かにいつかの私がいたのだ。だから苦しいし、今なら分かるかつての自分にドキドキするのだ。親子あるある。姉妹あるある。職場あるある。あの時言えなかった言葉でも ここのどこかに私がいた。全部では無い。だが、確かにいつかの私がいたのだ。だから苦しいし、今なら分かるかつての自分にドキドキするのだ。親子あるある。姉妹あるある。職場あるある。あの時言えなかった言葉でも、今なら言える。いや、今言わなきゃ。事故かそれとも・・ビルの屋上から転落して意識が戻らぬたった一人の妹の真相を知るために、姉・梢子は自分とも向き合いつつ過去を辿るのだ。宮西真冬だものこのタイトルだもの一気読みだった。この書店だけではないだろう現実を私たちはどう読む? …続きを読む
    いつでも母さん
    2022年03月14日
    182人がナイス!しています
  • ★★★★☆ 妹は地元で書店で働いていた。姉も同じ書店で結婚するまで働いて店長以下知り合いが多い。そんななか、妹が店の忘年会のビルから飛び降りた。意識不明。結婚して東京に引っ越した姉は急いで帰ってくる。 ★★★★☆ 妹は地元で書店で働いていた。姉も同じ書店で結婚するまで働いて店長以下知り合いが多い。そんななか、妹が店の忘年会のビルから飛び降りた。意識不明。結婚して東京に引っ越した姉は急いで帰ってくる。お互いに罵り会う父と母。子供の頃からモデルをしていた妹。勉強だけしてきた姉。「あんたの代わりは沢山いる」どの場面でも、女性として、仕事場でも言われて。それは時代を越えて言われ続けている言葉であった。今の時代でも言っている驚き、だって何人もあなたの代わりなどいないのだから。 …続きを読む
    ゆりあす62
    2022年04月28日
    104人がナイス!しています
  • 妹が自殺?母の言葉。職場の社員からの女性軽視。姉に相談できないタイミング。色々なものが重なっていたのでは?書店の大変さを知る。女性が辞める時に涙を流すくらい、絶望するくらい大変な職場。でも違った。妹は 妹が自殺?母の言葉。職場の社員からの女性軽視。姉に相談できないタイミング。色々なものが重なっていたのでは?書店の大変さを知る。女性が辞める時に涙を流すくらい、絶望するくらい大変な職場。でも違った。妹は絶望していたわけではない。妹はなぜこうなったのか?探っていく姉。前半までは登場人物みんな疲れていてマイナスイメージだったが、後半でやっと明るい人が出てくる。菅原寿美子さんは神。キラキラしていた。そこからは希望を持って読めて良かった。伏線回収もお見事。鍵は店長の女性軽視(もう古い考え)だった。光のさす終わり方。 …続きを読む
    美紀ちゃん
    2022年04月08日
    96人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品