平安後宮の薄紅姫 三 恋する女房と物語の縁

平安後宮の薄紅姫 三 恋する女房と物語の縁 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年06月15日
商品形態:
電子書籍

平安後宮の薄紅姫 三 恋する女房と物語の縁

  • 著者 遠藤 遼
  • イラスト 沙月
発売日:
2021年06月15日
商品形態:
電子書籍

許嫁が物語を全否定!? 恋と書物の相談に薄紅は……?

 怪異や難事件の駆け込み寺・薄紅(うすくれない)の姫。昼の姿である末席の女房として、中宮(ちゅうぐう)崩御のあとは、その娘である内親王付きの女房となっていた。
 その一方で、夜の姿である薄紅の元には、晴明の孫・奉親(ともちか)が入り浸っている。さらに彼の紹介で、日中の同僚である右近(うこん)まで相談に現れてしまう。正体を隠している薄紅だが、書物と恋にまつわる右近の悩みを放っておけず心を砕く。
 その相談をきっかけに、薄紅は実兄から自分の婚約話に言及されるはめに。読書と友人の恋がかかった「婚約」という危機に薄紅は……?
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「平安後宮の薄紅姫 三 恋する女房と物語の縁」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 結局薄紅は奉親と結ばれなかったかー。まぁ最初からそんな感じだったけど。やっぱり更級日記だったんだなぁ。無理に完結させなくても、もっとシリーズとして続けて欲しかった。 結局薄紅は奉親と結ばれなかったかー。まぁ最初からそんな感じだったけど。やっぱり更級日記だったんだなぁ。無理に完結させなくても、もっとシリーズとして続けて欲しかった。
    ゆず湯
    2021年06月15日
    6人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品