平安後宮の薄紅姫 二 宮廷去りし皇后宮と伊勢物語

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2020年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040738420

平安後宮の薄紅姫 二 宮廷去りし皇后宮と伊勢物語

  • 著者 遠藤 遼
  • イラスト 沙月
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2020年10月15日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
288
ISBN:
9784040738420

平穏に読書したい薄紅に「後宮を去った皇后宮を連れ戻せ」と密命が下り!?

 <次なる難事は、後宮を出奔した皇后宮を連れ戻すこと――!?> 

 怪異や難事件の駆け込み寺・薄紅の姫。中宮を狙う"鬼"の事件を落着させ、その昼の姿である末席の女房として念願の書司(ふみのつかさ)となった。
 一方、静かに読書にふけりたい夜の薄紅の元には、願いと反して親しくなった晴明の孫・奉親(ともちか)が訪ねて来ては面倒に巻き込んでいく。
 そんなある日、彼女は後宮の蔵書破損をきっかけに密命をくだされる。後宮を去ってしまった皇后宮を連れ戻せ――と。
 後宮の祈祷も担う奉親とともに、この難題に挑むことに。物語知識を駆使するものの、皇后宮は断固として戻ることを拒否し……。

もくじ


第一章 昔、后の難題に悩む女房ありけり
第二章 仏の御石の鉢も蓬莱の珠の枝も
第三章 二人の『伊勢物語』
第四章 ゆく蛍は月に帰る
かりそめの結び

メディアミックス情報

NEWS

「平安後宮の薄紅姫 二 宮廷去りし皇后宮と伊勢物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 伊勢物語を破損した犯人探しからここまでストーリーが広がっていくとは思わなかった。禎子が後宮を去った理由、嫄子が禎子を後宮に連れ戻したい真意、対立しているはずの二人の姫君の絆が素敵。嫄子の最期は悲しいけ 伊勢物語を破損した犯人探しからここまでストーリーが広がっていくとは思わなかった。禎子が後宮を去った理由、嫄子が禎子を後宮に連れ戻したい真意、対立しているはずの二人の姫君の絆が素敵。嫄子の最期は悲しいけれど禎子との時間をゆっくり過ごせて良かった。禎子様の男らしいキャラに惚れました。物語をこよなく愛する薄紅によって二人の姫君が救われたといっても過言ではない。雨の中一晩中土下座をした奉親と義盛は本当に薄紅を信頼しているんだなと。一緒になって土下座する能信良いキャラしてる。薄紅の今後が気になります。 …続きを読む
    なぎ
    2020年10月18日
    6人がナイス!しています
  • 続編!すごく楽しみだった!とにかく禎子様がかっこいい…。惚れちゃいそう。禎子様と嫄子様のやりとり然り、本を勧めあって読む楽しさわかる!最初に薄紅が嫄子様とお話してた時の心中、共感しかない。同じ物語読ん 続編!すごく楽しみだった!とにかく禎子様がかっこいい…。惚れちゃいそう。禎子様と嫄子様のやりとり然り、本を勧めあって読む楽しさわかる!最初に薄紅が嫄子様とお話してた時の心中、共感しかない。同じ物語読んだことあるとわかった時の語りたさ!源典侍様とも語らってみたら面白いかも(笑) 奉親の活躍少なめに感じたけど、要所で式を飛ばして薄紅を導いてくれるの嬉しかった。食えない態度もとても好き。義盛と一緒に頭下げてたのは熱かったな。風邪お大事に! 最期、希望が見えただけに切ない…。でもすれ違ったままじゃなくてよかった。 …続きを読む
    きえ
    2020年10月20日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品