試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041113219

山の帰り道

  • 著者 沢野 ひとし
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年07月16日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
256
ISBN:
9784041113219

街から山に行き、山から街に帰る――。

街から山に行き、山から街に帰る――。登山前の心配、不安、期待、憧れは、下山後には高揚した疲労感と安堵感を伴って酒の味を美味しくさせる。山への飽くなき憧憬と、町田の酒場で抱く日々の感慨。その間を振り子のように行き来する哀愁画伯は、今日も山で過ごした忘れがたい記憶をたどり、抒情を綴る。約70点のイラストと長年の登山経験に基づく実になるコラムを収録。熾火のような熱い気持ちが胸に沸く、珠玉のエッセイ集。
  • カドフェス2021
    カドフェス2021

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「山の帰り道」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 沢野さんのエッセイは良いね。ある意味本職の物書きではなくて、自分の好きな事を好きなように書いているからだと思う。町田市の超低山の散歩から上高地や南アルプスの話まで、読むと山に行きたくなるし、「うんうん 沢野さんのエッセイは良いね。ある意味本職の物書きではなくて、自分の好きな事を好きなように書いているからだと思う。町田市の超低山の散歩から上高地や南アルプスの話まで、読むと山に行きたくなるし、「うんうん、そうだねえ。」とうなづく事も多い。文中何度か山小屋でアルバイトする息子さんの話が出てくる。昔連れて行った子供がすっかり逞しくなり、ご自分の体力の落ち込みに嘆いているが、こちらもまた私も同様である。ただ、後半ほとんどは町田のお話……。(笑)★★★+ …続きを読む
    サンダーバード(読メ野鳥の会怪鳥))
    2021年07月24日
    83人がナイス!しています
  • タイトルは人生の終盤戦へと向かう自身の投影なのか。 勿論山の話もいいが、年長の先輩からこんな話を話を聞くと、「ああ、オレもいずれそんなことを考えるようになるんかな」なんて思ってみたりもして。 学生時代 タイトルは人生の終盤戦へと向かう自身の投影なのか。 勿論山の話もいいが、年長の先輩からこんな話を話を聞くと、「ああ、オレもいずれそんなことを考えるようになるんかな」なんて思ってみたりもして。 学生時代に立ち寄っていた町田の古本屋が2019年に閉店してたことを本書で知った。 …続きを読む
    Nao Funasoko
    2021年07月29日
    15人がナイス!しています
  • やっぱり沢野も好きだな。とはいえ、歳には抗えないようだ。半分は町田の話でしたがいい雰囲気で◯ やっぱり沢野も好きだな。とはいえ、歳には抗えないようだ。半分は町田の話でしたがいい雰囲気で◯
    時代
    2021年07月21日
    11人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品