試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
1998年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041813096

花嫁の指輪

  • 著者 沢野 ひとし
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
1998年10月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
240
ISBN:
9784041813096


トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「花嫁の指輪」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 思えば、随分と日数をかけての読了。読み終えてから改めて紹介文を見ると、「ノスタルジックなエッチングと文章が現実と創作を解け合わせ、胸を騒がす。沢野ひとしファン必読の半自伝的短編集。『放埓の人』を改題」 思えば、随分と日数をかけての読了。読み終えてから改めて紹介文を見ると、「ノスタルジックなエッチングと文章が現実と創作を解け合わせ、胸を騒がす。沢野ひとしファン必読の半自伝的短編集。『放埓の人』を改題」とあった。たしかに、「きっと、半自伝的な小説なんだろうなぁ」などと感じながら読み進めたところ。残念ながら、沢野ひとしの本を書店で見かけることは少なく、自宅本棚にも、滝川の「ブックオフ」で買った本書のみ。いつも頭の片隅にはあるので、もしも、どこかの書店で偶然発見したりすると、きっと嬉しいに違いない。 …続きを読む
    nemuro
    2019年05月29日
    12人がナイス!しています
  • 旅行先の喫茶店の軒下で寄付目的で販売していた古本。 初めて読む著者の本。男性目線のノスタルジックな物語。橋を題材にした物語。山の景色が静かに見えてくる物語。様々な短編が織りなす独特な世界観に浸れる一冊 旅行先の喫茶店の軒下で寄付目的で販売していた古本。 初めて読む著者の本。男性目線のノスタルジックな物語。橋を題材にした物語。山の景色が静かに見えてくる物語。様々な短編が織りなす独特な世界観に浸れる一冊だった。 …続きを読む
    takegen
    2019年06月11日
    1人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品