戦いの音楽史 逆境を越え 世界を制した 20世紀ポップスの物語

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784046051677

戦いの音楽史 逆境を越え 世界を制した 20世紀ポップスの物語

  • 著者 みの
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年05月01日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
256
ISBN:
9784046051677

読めば「あの名曲の何がすごいか」が語れるようになる!

【村上隆氏、激賞】
「みの批評は脳内シナプスが繋がる快感スイッチです。」

******

YouTube「みのミュージック」で独自の音楽批評をおこない、多くの大人たちを魅了する著者。
本書は、20世紀ポップスの歴史にフォーカスし、世界そして日本の音楽がどのような発展を遂げてきたかを解説します。

アーティストというのは一見すると、あまり深く考えずノリで、自分たちの好きなことをやって、偶然スターになったと誤解されがちです。
しかし、20世紀のルーツミュージックからしっかりたどれば、彼らの活躍にれっきとした理由を感じ取ることができます。
経済変革、人種問題、紛争、技術革新、インターネット、産業構造の変化……、
社会の大きな流れと向き合い、「芸術」へと昇華させたことで、世界のリスナーたちを虜にしています。
地に足着けた、マーケティング術、リーダーシップ、リスク管理能力の高さも必見です。

あらゆる逆境を越えて世界を制した激熱エピソードの数々に、心が震えること間違いしなし。
そんな思いを込めて、本書を『戦いの音楽史』と名づけました。

私たちは音楽に対して、好きなジャンルやアーティスト以外は食わず(聴かず)嫌いな一面を持っています。
「音楽を知る」というのは、誰かと出会って親交を深めていく過程と似ています。名前、出自、性格、などを知るうちに自分との共通点を見つけ、親近感がわいてくる――。
音楽も歴史背景を知ることで、いままで触れてこなかったジャンルも、意外な面白さや奥深さに気づく可能性があるのです。

さあ新しい音楽との出合いをもとめて、本書を手に取り、みのと一緒にタイムスリップしましょう。

もくじ

第1章 【誕生】 アメリカ大陸に集結した移民と音楽(~1940年代)
第2章 【伝播】 ロックンロールは不良の音楽か?(1950年代~)
第3章 【熱狂】 ビートルズがやってきた(1960年代~)
第4章 【変化】 ロックは、派生の時代に突入する(1970年代~)
第5章 【逆転】 白けたムードを打破したアングラの大成(1980年代~)
第6章 【軋轢】 ヒップホップに込めるブラックパワー(1990年代~)
終章  【挑戦】 音楽とインターネットは共存できるか(2000年~)

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「戦いの音楽史 逆境を越え 世界を制した 20世紀ポップスの物語」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 20世紀。特に中盤以降ですかね。録音技術を有した音楽業界は、転換期を迎えたと言う切り口は新しいのかも。本書ではそれを、リズム、メロディ、ハーモニーにプラスして『音色(おんしよく)』と言っている。いや、 20世紀。特に中盤以降ですかね。録音技術を有した音楽業界は、転換期を迎えたと言う切り口は新しいのかも。本書ではそれを、リズム、メロディ、ハーモニーにプラスして『音色(おんしよく)』と言っている。いや、音楽業界、そもそも音楽そのものに疎いので「そんな事語られ尽くされているよ」って事なのかも知れないけれどさ。音楽を配信、宣伝する方法も、時代によって様変わりを繰り返していますね。IT革命後の現代においては、シームレス化が音楽業界に於いても避けられず。日本ならではの音楽が、世界とどう折り合うのかは興味深いですね。 …続きを読む
    mae.dat
    2021年04月30日
    171人がナイス!しています
  • ★★★★半 音楽史はだいたいは頭に入っていても説明しようとするとなかなか難しい。この本はそれぞれの内容は浅いけど、その分ピンポイントで要点をとらえていて、驚くほどカバーしている範囲が広い。欧米と日本の ★★★★半 音楽史はだいたいは頭に入っていても説明しようとするとなかなか難しい。この本はそれぞれの内容は浅いけど、その分ピンポイントで要点をとらえていて、驚くほどカバーしている範囲が広い。欧米と日本の100年の歴史のあらゆるジャンルや音楽媒体に触れているといっても過言ではない。社会情勢や技術革新などの流れに対してアーティストたちがいかに立ち向かったかという歴史も踏まえていて、タイトルがうまくハマったと言える。著者はミュージシャンにして音楽YouTuber。音楽史を俯瞰にするには最適な一冊となるのでは。 …続きを読む
    ウィック&ぺディ
    2021年05月20日
    28人がナイス!しています
  • 邦・洋問わず様々なミュージシャン・バンドを語りつくすyoutuber「みの」の著書で、20世紀の大衆音楽が辿った歴史を綴った一冊。この方のyoutube動画そのものは、ミュージシャンや楽曲・作品をとて 邦・洋問わず様々なミュージシャン・バンドを語りつくすyoutuber「みの」の著書で、20世紀の大衆音楽が辿った歴史を綴った一冊。この方のyoutube動画そのものは、ミュージシャンや楽曲・作品をとても魅力的に語っており、面白く見ているのだが、なぜか本書においては動画のような面白さが無い。悪くはないが、この方ならもっと面白く書けるのでは? とすら思ってしまう。ビートルズ登場までは、確かに音楽と社会情勢を重ねた書きぶりで面白いが、70年代以降は音楽ジャンルの説明や登場の経緯に留まってしまっている気もする。 …続きを読む
    有理数
    2021年05月22日
    16人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品