にほんのうた 音曲と楽器と芸能にまつわる邦楽通史

にほんのうた 音曲と楽器と芸能にまつわる邦楽通史

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2024年03月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
480
ISBN:
9784046063687

にほんのうた 音曲と楽器と芸能にまつわる邦楽通史

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2024年03月04日
判型:
四六判
商品形態:
単行本
ページ数:
480
ISBN:
9784046063687

新進気鋭の音楽評論家による大作にして傑作!

YouTube「みのミュージック」で独自の音楽批評をおこない、多くの大人たち・音楽関係者を魅了する著者の第二弾。

本書は、謡、雅楽、歌舞伎、唱歌、演歌、軍歌、歌謡、JPOP、アイドル、ゲーム、着メロ、ボーカロイドなど、日本で起こった音楽ジャンルの成り立ちを時代を追って浮き彫りにする。

縄文楽器から初音ミクまでドレミに翻弄された歴史をいま解き明かす!

さあ、時代を彩った音楽とその情熱を探る旅へ!


本書が物語るのは、単に歴史事実に留まらない。
人の業による音楽界の浮き沈みというドラマも内包する。
邦楽の歴史で活躍、暗躍した人々はいかにして、
今日のミュージシャンたちへ
バトンをつないできたのだろうかーー。


【目次】
特集:にほんのうた一〇〇選
序章:日本音楽の原風景ー縄文時代から江戸時代
第一章:押し寄せた西欧化の波ー明治時代・其の壱
第二章:民衆の豊かな音楽ー明治時代・其の弐
第三章:レコード歌謡ー大正時代
第四章:エロと戦争ー昭和時代・其の壱
第五章:上を向いて歩こうー昭和時代・其の弐
第六章:テケテケから始まる新たな邦楽の息吹ー昭和時代・其の参
第七章:J-POPと日本のポップスのゆくえー平成時代

--------------------------------
本書カバー資材変更に関するお詫びとお知らせ
 
すでに発表していた本書カバーの資材ですが、諸般の事情により変更となりました。
読者の皆様をはじめ関係各位にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
なお、皆様にご満足いただけるこだわりの代替資材を選定いたしましたので、楽しみにお待ちくださいますようお願い申し上げます。
--------------------------------
YouTube「みのミュージック」で独自の音楽批評をおこない、多くの大人たち・音楽関係者を魅了する著者の第二弾。

本書は、謡、雅楽、歌舞伎、唱歌、演歌、軍歌、歌謡、JPOP、アイドル、ゲーム、着メロ、ボーカロイドなど、日本で起こった音楽ジャンルの成り立ちを時代を追って浮き彫りにする。

縄文楽器から初音ミクまでドレミに翻弄された歴史をいま解き明かす!

さあ、時代を彩った音楽とその情熱を探る旅へ!


本書が物語るのは、単に歴史事実に留まらない。
人の業による音楽界の浮き沈みというドラマも内包する。
邦楽の歴史で活躍、暗躍した人々はいかにして、
今日のミュージシャンたちへ
バトンをつないできたのだろうかーー。


【目次】
特集:にほんのうた一〇〇選
序章:日本音楽の原風景ー縄文時代から江戸時代
第一章:押し寄せた西欧化の波ー明治時代・其の壱
第二章:民衆の豊かな音楽ー明治時代・其の弐
第三章:レコード歌謡ー大正時代
第四章:エロと戦争ー昭和時代・其の壱
第五章:上を向いて歩こうー昭和時代・其の弐
第六章:テケテケから始まる新たな邦楽の息吹ー昭和時代・其の参
第七章:J-POPと日本のポップスのゆくえー平成時代

--------------------------------
本書カバー資材変更に関するお詫びとお知らせ
 
すでに発表していた本書カバーの資材ですが、諸般の事情により変更となりました。
読者の皆様をはじめ関係各位にはご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。
なお、皆様にご満足いただけるこだわりの代替資材を選定いたしましたので、楽しみにお待ちくださいますようお願い申し上げます。
--------------------------------

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

特集:にほんのうた一〇〇選
序章:日本音楽の原風景―縄文時代から江戸時代
第一章:押し寄せた西欧化の波―明治時代・其の壱
第二章:民衆の豊かな音楽―明治時代・其の弐
第三章:レコード歌謡―大正時代
第四章:エロと戦争―昭和時代・其の壱
第五章:上を向いて歩こう―昭和時代・其の弐
第六章:テケテケから始まる新たな邦楽の息吹―昭和時代・其の参
第七章:J-POPと日本のポップスのゆくえ―平成時代

「にほんのうた 音曲と楽器と芸能にまつわる邦楽通史」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • ☆5。477ページの大著!まずはみの氏に「お疲れ様でした」の言葉とともに感謝の意を表しておきたい。これで邦楽通史の基礎が築かれた。あとは後進がこれに肉付けをしていくのだ。確かにこれは邦楽史の完成形ではない ☆5。477ページの大著!まずはみの氏に「お疲れ様でした」の言葉とともに感謝の意を表しておきたい。これで邦楽通史の基礎が築かれた。あとは後進がこれに肉付けをしていくのだ。確かにこれは邦楽史の完成形ではない。全体としては、レジュメ、というところだ。江戸時代後期までの流れが駆け足になっているのも不満点。とはいえ独自のカラーも出している。例えばみの氏が大好きなはずのはっぴいえんど。本文の扱いはあっさりで、しかも、「日本語ロック論争」はカット。その代わりにキャロルの日本語ロックへの影響をさらっと書いている。↓ …続きを読む
    1959のコールマン
    2024年03月10日
    48人がナイス!しています
  • こんだけやるのは大変だったろうなと思いますので、労いたいと思います。「歴史を書く」ってなんだろなぁと考えながら一気に読みました。日本人の国民意識を担う「うた」が必要、というのが著者の意識。前著『戦いの こんだけやるのは大変だったろうなと思いますので、労いたいと思います。「歴史を書く」ってなんだろなぁと考えながら一気に読みました。日本人の国民意識を担う「うた」が必要、というのが著者の意識。前著『戦いの音楽史』のあとがきから持続している問い。アメリカの音楽収集で著名なアラン・ローマックスが別の場で三度名を出しているのは、ローマックスと同じ作業を自分がやらなくてはならないという意識の表れに思える。 …続きを読む
    しゅん
    2024年03月05日
    11人がナイス!しています
  • 3年かかるのも、うなづける通史。精度に参考文献の多さに驚きの連続。 3年かかるのも、うなづける通史。精度に参考文献の多さに驚きの連続。
    しいたーけ
    2024年03月09日
    0人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品