江戸落語奇譚 寄席と死神

第6回角川文庫キャラクター小説大賞<優秀賞>受賞作

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041112380

第6回角川文庫キャラクター小説大賞<優秀賞>受賞作

江戸落語奇譚 寄席と死神

  • 著者 奥野 じゅん
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年04月23日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
272
ISBN:
9784041112380

人気文筆家×大学生の謎解き奇譚!

大学2年生の桜木月彦は、帰宅途中の四ツ谷駅で倒れてしまう。助けてくれたのは着物姿の文筆家・青野で、「お医者にかかっても無理ならご連絡ください」と名刺を渡される。半信半疑で訪ねた月彦に、青野は悩まされている寝不足の原因は江戸落語の怪異の仕業だ、と告げる。そしてその研究をしているという彼から、怪異の原因は月彦の家族にあると聞かされ……。美形文筆家と、なりゆきでその助手になった大学生の謎解き奇譚! 第6回角川文庫キャラクター小説大賞<優秀賞>受賞作。
イラスト/硝音あや

もくじ


一章  芝 浜
二章  更屋敷
三章  死 神
四章  お札はがし
エピローグ

登場人物

桜木月彦(さくらぎ・つきひこ)

四谷大学2年生。童顔で、年より若く見られることが多い。家族に興味が持てないことが悩み。

青野短(あおの・みじか)

根津在住。江戸落語の怪異を研究している文筆家。物腰は柔らかいが、江戸っ子気質で短気。花札が趣味。

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

最近チェックした商品