異端の祝祭

異端の祝祭

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

label
  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041112304
label

異端の祝祭

  • 定価: 円 (本体円+税)
発売日:
2021年05月21日
判型:
文庫判
商品形態:
文庫
ページ数:
336
ISBN:
9784041112304

この祝祭の真実は、禁忌。ポップなのにねっとり不気味な民俗学カルトホラー

失敗続きの就職浪人生・島本笑美。
原因は分かっている。彼女は物心ついた時から生きている人間とそうでないものの区別がつかないのだ。
街に溢れ返った異形のモノたちは、自分の姿が見えていると分かるや否や、笑美に纏わり付いてくる……。

ある日、ダメ元で受けた大手食品会社「モリヤ食品」の面接で、笑美はヤンと名乗る青年社長と出会う。
出会ったその瞬間から、何故か自分に惚れ込んでいるヤンに心奪われ、笑美はそのままモリヤに就職することを決める。
しかし「研修」という名のもと、ヤンに伴われて笑美が見たのは、「ケエエェェェエコオオォォオオ」と奇声をあげながら這い回る人々だった――。

一方、笑美の様子を心配した兄・陽太は、心霊案件を専門とする佐々木事務所へ相談に訪れ……。

ページを開いた瞬間、あなたももう「取り込まれて」いる。
カクヨム発の「ほねがらみ」がTwitterでバズり大反響! ネット民を恐怖の底に叩き落とした驚異の新人作家が放つ、民俗学カルトホラー!
失敗続きの就職浪人生・島本笑美。
原因は分かっている。彼女は物心ついた時から生きている人間とそうでないものの区別がつかないのだ。
街に溢れ返った異形のモノたちは、自分の姿が見えていると分かるや否や、笑美に纏わり付いてくる……。

ある日、ダメ元で受けた大手食品会社「モリヤ食品」の面接で、笑美はヤンと名乗る青年社長と出会う。
出会ったその瞬間から、何故か自分に惚れ込んでいるヤンに心奪われ、笑美はそのままモリヤに就職することを決める。
しかし「研修」という名のもと、ヤンに伴われて笑美が見たのは、「ケエエェェェエコオオォォオオ」と奇声をあげながら這い回る人々だった――。

一方、笑美の様子を心配した兄・陽太は、心霊案件を専門とする佐々木事務所へ相談に訪れ……。

ページを開いた瞬間、あなたももう「取り込まれて」いる。
カクヨム発の「ほねがらみ」がTwitterでバズり大反響! ネット民を恐怖の底に叩き落とした驚異の新人作家が放つ、民俗学カルトホラー!

※画像は表紙及び帯等、実際とは異なる場合があります。

もくじ

第一章 べやと
第二章 ぱしよん
第三章 おらしよ
第四章 てんたさん
第五章 ばうちずも
終章 なたる

「異端の祝祭」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 初読みの作家さん。佐々木&青山シリーズ?1作目。カルト×ホラー。生身の人間と幽霊との区別がつかない笑美は幼少期からいじめの対象に。就活も上手くいかなかったが大手企業の青年社長・ヤンに気に入られ内定を得る 初読みの作家さん。佐々木&青山シリーズ?1作目。カルト×ホラー。生身の人間と幽霊との区別がつかない笑美は幼少期からいじめの対象に。就活も上手くいかなかったが大手企業の青年社長・ヤンに気に入られ内定を得るが、徐々に変わっていく笑美を心配した兄が心霊案件を請け負う佐々木事務所を訪れる。怖いは怖いけどホラー的な怖さではなく、マインドコントロールによる洗脳と偏愛の怖さ。登場人物の過去もホラーというかヘビー過ぎる。読ませる展開ではあったが、すぐ続編を読みたいと思えるほどではなかった。物部が気になる。 …続きを読む
    isry 2@積本消化中
    2023年07月13日
    170人がナイス!しています
  • 怖い、というよりは気持ち悪い話。あの「儀式」の描写はなかなかのおぞましさ。でも一見、穏やかで静かなラスト…が実は一番おぞましいのか。 怖い、というよりは気持ち悪い話。あの「儀式」の描写はなかなかのおぞましさ。でも一見、穏やかで静かなラスト…が実は一番おぞましいのか。
    みっちゃん
    2021年07月07日
    151人がナイス!しています
  • ☆3。面白い作家NO.1 という帯に惹かれたが好みを間違えた。場面場面で唐突な話が展開され、何の話なのか、つながりはどうなってるのかと違和感ばかり。カルト、眼窩女、毒親、宗教(諏訪大社とキリスト教)、特殊能力( ☆3。面白い作家NO.1 という帯に惹かれたが好みを間違えた。場面場面で唐突な話が展開され、何の話なのか、つながりはどうなってるのかと違和感ばかり。カルト、眼窩女、毒親、宗教(諏訪大社とキリスト教)、特殊能力(洗脳)、臓器売買(蛙の解体)が出てきて「妹をオカルト的なカルト集団から救出」させる依頼を受けた心霊相談事務所の女所長と男助手のドタバタ活劇。「民俗学ホラー」とのことだがさっぱり解らず、宗教がテーマかな?と思わせるも世の中の流れに付いていけない自分が淋しいかぎり。 …続きを読む
    Vanc
    2023年02月11日
    140人がナイス!しています

powered by 読書メーター

この著者の商品

最近チェックした商品