グリモアレファレンス2 貸出延滞はほどほどに

グリモアレファレンス2 貸出延滞はほどほどに 電子版
試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

発売日:
2021年05月08日
商品形態:
電子書籍

グリモアレファレンス2 貸出延滞はほどほどに

  • 著者 佐伯 庸介
  • イラスト 花ヶ田
発売日:
2021年05月08日
商品形態:
電子書籍

図書委員の仕事は迷宮探索だけじゃない!? 未返却の魔書を回収せよ!

 図書館の地下に広がる迷宮を探索する一方、通常のレファレンスもこなす図書隊のメンバーたち。
 そんな中、守砂は大学教授の紙珠から地下に収められた魔導書の貸出を依頼される。初めて直接受けたレファレンスに張り切るものの、探索はトラブルの連続で……!?
「無いん! です! けどぉぉぉぉ!!」
 未返却の図書の回収や男子の夢が詰まった隠し部屋の攻略など、図書委員として順調に探索をこなしていく守砂隊だが、迷宮のすべてを解き明かそうとする彼らに対し魔書生物たちが明確な敵意を持ち襲い来る――!!

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「グリモアレファレンス2 貸出延滞はほどほどに」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 図書館の地下に広がる迷宮を探索する一方、レファレンス業務もこなす図書隊メンバーたち。そんな中、守砂は大学教授の紙珠から地下に収められた魔導書の貸出を依頼される第二弾。今回は連作短編集的なエピソードで、 図書館の地下に広がる迷宮を探索する一方、レファレンス業務もこなす図書隊メンバーたち。そんな中、守砂は大学教授の紙珠から地下に収められた魔導書の貸出を依頼される第二弾。今回は連作短編集的なエピソードで、教授からの飛び入りレファレンスだったり、延滞している利用者に督促したり、加来との意外な共闘の結末、守砂隊にだけ反応するヌシへの挑戦などなかなか楽しいエピソードでした。周囲も慄くヤンデレっぷりな三火さんも、距離を縮める部分に関してはなかなか守砂と上手く噛み合わないようで、最後のあれはちょっと強敵ですねえ(苦笑) …続きを読む
    よっち
    2021年07月04日
    37人がナイス!しています
  • 今回も面白かったな。迷宮を探索する一方で通常のレファレンスをこなさなければならないという事で守砂は大学教授の紙珠から地下に納められた魔導書の貸し出しを依頼されるもトラブルが起こりまくり...な話。前半 今回も面白かったな。迷宮を探索する一方で通常のレファレンスをこなさなければならないという事で守砂は大学教授の紙珠から地下に納められた魔導書の貸し出しを依頼されるもトラブルが起こりまくり...な話。前半は男子高校生なら確かに興味は深々な事だろうなw中盤以降は守砂が迷宮の全てを解き明かそうとしているのを魔書生物が意思を持って襲い掛かってくるのがチームメンバーと力を合わせて乗り越えていくシーンが良かったわ。謎はまだまだ残ってるし、かつての友が不穏な感じだし続きがめっちゃ楽しみだわ。三火姉頑張ってと言うしかないな …続きを読む
    アウル
    2021年05月09日
    25人がナイス!しています
  • 守砂隊の冒険の日常を切り取っている連作短編。未返却の魔書の回収や、隠し部屋の攻略など賑やかな日々を送る守砂隊。毎回空回りするばかりの全体的に存在感がちょっと薄めのヒロイン・三火は少し不憫ですが、そのポ 守砂隊の冒険の日常を切り取っている連作短編。未返却の魔書の回収や、隠し部屋の攻略など賑やかな日々を送る守砂隊。毎回空回りするばかりの全体的に存在感がちょっと薄めのヒロイン・三火は少し不憫ですが、そのポンコツ具合がやっぱり可愛いです。隠し部屋の攻略が主だった三章はちょっとくだらなかったですが、何回も笑ってしまいました。(女子からの氷のような視線に負けてしまうところとか…)全体的にちょっと淡々としている感じではありますが、彼らの日常を切り取っているのがこの2巻の醍醐味でもあるかなと思います。 …続きを読む
    ひぬ
    2021年06月16日
    23人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品