試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

試し読みをする

※電子書籍ストアBOOK☆WALKERへ移動します。

  • 定価: (本体円+税)
発売日:
2021年01月12日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
256
ISBN:
9784047364813

バクちゃん 2

  • 著者 増村 十七
  • 定価: 円(本体円+税)
発売日:
2021年01月12日
判型:
B6判
商品形態:
コミック
ページ数:
256
ISBN:
9784047364813

「バクちゃんの夢は今、どんな味?」

バク星人の移民の少年バクちゃんは、夢が枯れた故郷から、地球・東京へやってきた。
時には仕事の壁にぶち当たりながらも、大切な仲間と過ごす日々の中で、
自分のできることを模索していく。バクちゃんの夢は今、どんな味?

現在293万人の外国人が暮らす、日本の今とこれからの物語、完結。


「優しくノスタルジーな雰囲気に潜む、泣き出す手前のような心細さ、寂しさ、辛さ。
その全てを飲み込んでぐっとこらえて生きるバクちゃんの目に映るのは、私たちの住む"東京"の本当の姿」
―――宇垣美里

●コミックビーム 公式ツイッター●
@COMIC_BEAM

トピックス

メディアミックス情報

NEWS

「バクちゃん 2」感想・レビュー
※ユーザーによる個人の感想です

  • 「にほんでいきる」を読んで海外から日本で生活する子どもの困難さを知った。この本は地球外から来た異星人が日本で生活していく話。バクちゃんの暮らしをもう少し見たかった。2巻で完結はもったいない。いつかその 「にほんでいきる」を読んで海外から日本で生活する子どもの困難さを知った。この本は地球外から来た異星人が日本で生活していく話。バクちゃんの暮らしをもう少し見たかった。2巻で完結はもったいない。いつかその後のバクちゃんを読みたい。 …続きを読む
    オレンジメイツ
    2021年02月13日
    19人がナイス!しています
  • 外国人に日本語を教えるボランティアをしていたことがあって、留学生の若者や子どもを国に残して出稼ぎに来た人など、いろんな方が集まってにぎやかにおしゃべりしていた。私のカタコトの中国語をほめてくれたり、都 外国人に日本語を教えるボランティアをしていたことがあって、留学生の若者や子どもを国に残して出稼ぎに来た人など、いろんな方が集まってにぎやかにおしゃべりしていた。私のカタコトの中国語をほめてくれたり、都庁の展望室に夜景を見に出かけて写真を撮りあったり、彼らはいつも笑顔だったけれど、きっと大変な思いもしているんだろうなと思っていた。 …続きを読む
    たいこ
    2021年04月02日
    13人がナイス!しています
  • かわいい絵柄だけど、世界の不条理やらもあって悲しいエピソードもある。でも、きっと大丈夫と言ってくれそうな優しさもあるね。 かわいい絵柄だけど、世界の不条理やらもあって悲しいエピソードもある。でも、きっと大丈夫と言ってくれそうな優しさもあるね。
    なつのおすすめあにめ
    2021年04月02日
    3人がナイス!しています

powered by 読書メーター

最近チェックした商品